トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

試して理解する:「リスクに背を向ける日本人」を読んで

「リスクに背を向ける日本人」を読みました。

感想は 「リスクに背を向ける日本人」山岸敏男、メアリー・C・ブリントン著 に書いたんですが、

やってみたいことのヒントになるものがありましたので、残しておきます。

「第7章 グローバル化の意味」の最後に書いてあった二宮尊徳の話。
二宮尊徳の紹介は、「江戸時代に活躍した「再建屋」で、経営破たんした大名や旗本の経営をうまく立て直すことに成功した人」

「大名や旗本の領地にそうした(←あんまり必要ないので説明略)貧困の文化が蔓延して、領地が荒れ果てた状態になっているのを、努力と工夫次第で結果がちゃんと出るんだということを実地で納得させ、農民たちのやる気を引き出したんだよ。」

「決して一方的な説教をすることはない。こうすれば結果が出るんだよということを教えるために、まず試してみることができる環境を整えてあげる。そうした上で、実際に結果を出した農民に、それが合理的思考と努力のせいだということを分からせる。地道な作業だけど、結局はこうした方法しかないんじゃないだろうか。」

何もできないと思っている人に何かをしてもらう方法=結果が出る方法を教えるのは、

1 説教をすることではない。
2 試してみることができる環境を整えてあげる。
3 結果が出たら、それが合理的思考と努力から生まれたことを分からせる。

この地道な作業しかない。

偉そうなことを言わずに、またまず理論を話すのではなく、実際にやってもらって分かってから、それを次回につなげるためになぜできたかを理解させる。

自分はこのプロセスを実践できる方法を学ぶ&身につける、そして試す環境を整えるための支援(金・人)をしてくれる探す。
こんな準備が必要です。

2011年1月28日 (金)

再びの「聞き屋」さん

ずっと以前に別のブログで「聞き屋」さんについて書きました。
自分の悩みを聞いてずっと聞いてくれるお店(?)

聞き屋さん:「本と猫好きの日日社会メモ」

いま職場に関する相談を受けるお仕事をしておりますが、この記事を書いていた時はまさか自分が相談を受ける立場になろうとは夢にも思いませんでした。

相談を始めてもうすぐ1年。
いま、また思うことは、日本に「聞き屋」さんが必要だということ。

行政機関が行う一般的なお悩み相談や労働相談ではなく、
メンタルヘルスが気になって医院にかかるのではなく、

聞き屋さん

誰もが貯め込んでいる感情の垢を落としてくれるところ・・

そんな仕事が求められている・・と思っています。
そんな仕事に取り組めないか・・と思っています。

2011年1月27日 (木)

1月25日(火曜日)打ち合わせ終了

午後7時から第3回の打ち合わせを3人で行いました。
今回はそれぞれがNPO(あるいは他の組織になるかもしれません)で、何をしたいかを出すということになっていました。
私を除く二人は既にNPOの代表あるいは理事であり、ギラギラに光ってます。
その方々が新たな場でやりたいことを考えよということになったら、凄いものが出てきます。
それで議論をするから中身の濃い時間を過ごせます。
いろんな話が出て、次の宿題も決めて、前回までぼんやりしていたものが少し形になり、次の打ち合わせまでに自分がやるべきことがたくさん出てきました。

打ち合わせの中で出たキー
○スタッフは雇ったら駄目。指示を待って動く人になってしまう・・情熱を持って自発的に動ける人を見つけ、活動に引き込む
○企業が支援をしてくれる・・会場代がバカにならない。使っていない会議室をただで貸してくれるだけでも大きな支援
○とにかくどこかを始めてみる。やってみないといけない。

2011年1月24日 (月)

一組織の話だけれど、今後の活動の参考になる本

昨日、『「社会を変える」お金の使い方』と『「カタリバ」という授業』という本の話を書きましたが、
このうち、『「カタリバ」という授業』は、一組織の活動を語っていながら、公益的な活動をする際の組織づくり、事業設計などに参考になる本です。
今後も手元に置いて参考にしたいと思っています。

他のメンバーとのディスカッション本にもしたいです。

この本を読んだ直後に感じたこと。

いい会社に入るとか年収を上げるとかがあたかも目的のように掲げられるが、
その先にあるものは何か?
自分たちが本当に求めているものは何か?

それを考えるきっかけを見つける活動はできないか?

ところで、本そのものの感想は、別ブログに書きました。

「「カタリバ」という授業」上坂徹著

2011年1月23日 (日)

参考になったNPO活動の本

1月25日(火)に社会活動の打ち合わせをする予定。

前回の打ち合わせから今までに読んだ本の中で、「「社会を変える」お金の使い方」と「「カタリバ」という授業」について話ができればと思います。

「「社会を変える」・・」は、「寄付」について、日本の中で一般的な寄付に対するネガティブな捉え方を再確認できる。しかし、逆に可能性も感じられます。

寄付先としてNPO法人が掲載されているのも参考になります。

「「カタリバ」という授業」は、日頃から考えていたまったく異質なモノの出会いについて、高校生と大学生という限定的なものではあるが、実践され、成果を出されている様子が詳細に記述されています。

このNPO法人代表者の方々が、大学生の時から事業を考え実現されてきた実績を読んで、若い方の可能性、これからを担うのは若い方であろうと思います。

では、年配者はどこを担うか。裏方に徹することができるか?
裏方でも必要ないと言われるか?

「「カタリバ」という・・」の方はできれば、25日にミーティングする二人のため買っていけたらと思います。

2011年1月22日 (土)

ココログでブログ作成

いままでOCNの「ブログ人」でブログを書いてきました。
ちょっとマイナーかなと思って、お引越しをしようと思いましたが、ブログ人のお引越しに対応しているところがない。
というか、見つけられない・・
自力で引っ越しもできない。

でもどうしてもメジャーなブログを使ってみたい。
ということで、ブログ人で書いている「本と猫好きの日日社会メモ」のうち、資料として残しておきたいものをココログでも残していこうと思っています。

今日がココログ初ブログです。
よろしくお願いします!!

トップページ | 2011年2月 »