« 再びの「聞き屋」さん | トップページ | やはり仕事に関連した分野で活動をしたい!!(気持ちの整理) »

2011年1月29日 (土)

試して理解する:「リスクに背を向ける日本人」を読んで

「リスクに背を向ける日本人」を読みました。

感想は 「リスクに背を向ける日本人」山岸敏男、メアリー・C・ブリントン著 に書いたんですが、

やってみたいことのヒントになるものがありましたので、残しておきます。

「第7章 グローバル化の意味」の最後に書いてあった二宮尊徳の話。
二宮尊徳の紹介は、「江戸時代に活躍した「再建屋」で、経営破たんした大名や旗本の経営をうまく立て直すことに成功した人」

「大名や旗本の領地にそうした(←あんまり必要ないので説明略)貧困の文化が蔓延して、領地が荒れ果てた状態になっているのを、努力と工夫次第で結果がちゃんと出るんだということを実地で納得させ、農民たちのやる気を引き出したんだよ。」

「決して一方的な説教をすることはない。こうすれば結果が出るんだよということを教えるために、まず試してみることができる環境を整えてあげる。そうした上で、実際に結果を出した農民に、それが合理的思考と努力のせいだということを分からせる。地道な作業だけど、結局はこうした方法しかないんじゃないだろうか。」

何もできないと思っている人に何かをしてもらう方法=結果が出る方法を教えるのは、

1 説教をすることではない。
2 試してみることができる環境を整えてあげる。
3 結果が出たら、それが合理的思考と努力から生まれたことを分からせる。

この地道な作業しかない。

偉そうなことを言わずに、またまず理論を話すのではなく、実際にやってもらって分かってから、それを次回につなげるためになぜできたかを理解させる。

自分はこのプロセスを実践できる方法を学ぶ&身につける、そして試す環境を整えるための支援(金・人)をしてくれる探す。
こんな準備が必要です。

« 再びの「聞き屋」さん | トップページ | やはり仕事に関連した分野で活動をしたい!!(気持ちの整理) »

ナカキラ的読書記録、参考本・参考資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/38653895

この記事へのトラックバック一覧です: 試して理解する:「リスクに背を向ける日本人」を読んで:

« 再びの「聞き屋」さん | トップページ | やはり仕事に関連した分野で活動をしたい!!(気持ちの整理) »