« 日々気を引き締めて | トップページ | 公務がすべきこと »

2011年2月13日 (日)

P.F.ドラッカーとジェームズ・C・コリンズ

ドラッカー著「経営者に贈る5つの質問」とジム・コリンズ著「ビジョナリーカンパニー【特別編】」を読みました。
いえ読んでいます。
読み続けます。

ドラッカー氏は非営利組織、コリンズ氏は社会セクターと呼び方は異なりますが、主に非営利組織の経営について書かれたこの二冊というか、このお二人の考え方。

これから非営利活動をして行く上で、基盤にしようと思います。

これからいろんなことを学んで行かないといけません。
いろんな本を読むと思います。
いろいろな考え方に触れ、軸がぶれそうになることがあると思います。
そんな時、このお二人の本を読むことで原点に帰れる気がします。

思いだけが先行しそうな非営利組織ですが、非営利組織こそ営利組織に負けないくらいの精緻なマネジメントが必要だと理解しました。

この二冊は何度も読み返そうと思います。

« 日々気を引き締めて | トップページ | 公務がすべきこと »

ナカキラ的読書記録、参考本・参考資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/38857118

この記事へのトラックバック一覧です: P.F.ドラッカーとジェームズ・C・コリンズ:

« 日々気を引き締めて | トップページ | 公務がすべきこと »