« どこを幸せにするか・・ | トップページ | ネットに過度の期待をしてはいけない!・・のか? »

2011年3月 3日 (木)

発散型と収斂型

活動の話をしていて、まったく話がかみ合わないので何でかなと考えてみました。

自分で勝手に、企業は発散型で、公的な活動(たとえば自治体とか)は収斂型と分類してみました。

企業はたとえば一つの事業(製品がわかりやすいかな)を作って、そこから消費者に向けてその事業の影響を拡げていくイメージ。
事業(あるいは製品)が波紋を描くように世の中に伝わっていく。

誰彼かまわず伝えても興味ない人への努力は無駄なので、マーケティングやターゲットという概念が出てくる。

それに対し、自治体。まず自分の守備範囲を確定。県なり市というおらが地域のことです。

範囲を決めてしまって、そこにある問題点を各担当部署が解決していく。
公平に地域に住んでいる人全員が対象。

事業をするイメージは守備範囲の一番外に立って、そこから中に向かってそこに住んでいる人で事業に関係ある人すべてにアプローチをして行く。

つまり事業が決まった段階で対象となる人が特定できる。
だからマーケティングが必要なし(最近はちょっと性格の違う事業が増えてそうとも言えないけれど)。

お互い立ち位置が違うので、理解できないはず。よく考えないと発想が違っていることだってわからなかったし。

それではソーシャルなビジネスはどちらのアプローチで行くか。
自分が考えるものは自治体方式。一定地域を決めて(九州かなあ)、その中でとりあえず完結。

« どこを幸せにするか・・ | トップページ | ネットに過度の期待をしてはいけない!・・のか? »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/39082537

この記事へのトラックバック一覧です: 発散型と収斂型 :

« どこを幸せにするか・・ | トップページ | ネットに過度の期待をしてはいけない!・・のか? »