« 議論の場の設計者 | トップページ | 実現策を示さない提言はもはや役に立たない »

2011年6月 2日 (木)

訳の分からないことが人を育てると思う・・

柴田昌治さんの「なぜ会社は変われないのか」とか、「なんとか会社をかえてやろう」とかを読み、そこに出てくるオフサイトミーティングの様子を見ながら、訳の分からないことが人を成長(が、大げさなら「変える」)のではないかなと考えています。

オフサイトミーティングは一日中自己紹介をしたり、通常の業務とはちょっと離れたお題をもらって結論を求めない議論をしたり・・
~詳しくは柴田さんの本を読んでください。

経験した人は自分が変わったと言うけれど、何をしたかをうまく周りに説明できない。

例が違うと言われるかもしれないけれど、NAKAKIRAを形にしているここ半年近く。アドバイスを求める人のほとんどに何かわからんと言われつつ、少しずつ形らしきものが見えてきて・・

やっている本人がホントにできるんかいなという状態から、もちろんいまでもどうなるかわからないという不安を抱えつつ・・少しずつ進んでいる中で・・

その中で自分が、(自分で言うのもなんだけど)成長しているような気がするんですね。

もちろん仕事で新しい事業を作ったりしてきたけれど、それは期限があって、出来不出来はともかくとして必ず形になるものだった。

でも、今回はゴールにつけるのかどうかもわからない。

柴田さんの本のオフサイトミーティングにしても、NAKAKIRAにしてもどう転ぶかわからない。
その中で何とか形にしようと思ったら、頭ん中をものすごくひっかきまわして、悪あがきをする。

それで何か形になったら、すごいご褒美をもらった感じがあるし、そこに至る過程を印象深く覚えている。
その経験が自分を変えているのではないかと思っています。

昨日は大学生に手伝ってもらってという話を書きましたが、若い大学生に是非この経験をしてもらいたい。
NAKAKIRAが不完全だから、まだ何も固まっていないから、わからないし、逆に可能性がある。

きっと後悔しないと思う。NAKAKIRAを手伝ってみませんか?
と求人広告風になってしまう。。

« 議論の場の設計者 | トップページ | 実現策を示さない提言はもはや役に立たない »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/40239332

この記事へのトラックバック一覧です: 訳の分からないことが人を育てると思う・・:

« 議論の場の設計者 | トップページ | 実現策を示さない提言はもはや役に立たない »