« 地域戦略で考えること | トップページ | 小さく起業する&働き方を考えてみる »

2011年9月14日 (水)

「美しく怒れ」岡本太郎著、岡本敏子編

昨日、NAKAKIRA(ナカキラ)の打ち合わせをしました。

ホームページの開設が目の前のような気がしていたんですが、まだまだ時間がかかりそうです。

このところ、気が抜けたような自分を反映するように、進捗もペースダウンです。
何ものにも魂が宿る(古臭い?)・・気合入れていきます!おう!!

ところで、まだ読み始めたばかりですが・・・
1996年に亡くなった芸術家岡本太郎氏の本です。だからすべて1990年代以前に書かれたものです。
しかし、今月の新刊新書です。
この時期にこの本を出した出版社の意図、「気概」を知りたいです。・・特別なものがあるような気がします。

「はじめに」の書き出し、
「世界をこの目で見ぬきたい。
目に触れ、手にさわる、すべてに猛烈に働きかけ、体当たりする。ひろく、積極的な人間像を自分自身につかむために。純粋な衝動である。
そんな情熱が激しく噴出するとき、それは憤りの相を呈する。
だから、私は怒る。また大いに怒らなければならないと思っているのだ。」

文字を追うだけで、岡本太郎氏の作品が目に浮かびます。
読み始めから、普通の人も(「怒り」を持ってとは言わないまでも)、懸命に生きるべし!と思います。

凡人は表現手段をもたない・・・
芸術家ではないけれど、日々の仕事の中、生活の中、自分らしさ、自分の持てるものを出して生きたい・・
冒頭からそんな気持ちにさせる本です。

« 地域戦略で考えること | トップページ | 小さく起業する&働き方を考えてみる »

ナカキラ的読書記録、参考本・参考資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/41681485

この記事へのトラックバック一覧です: 「美しく怒れ」岡本太郎著、岡本敏子編:

« 地域戦略で考えること | トップページ | 小さく起業する&働き方を考えてみる »