« 「地域再生大学院」~2012年3月5日日経新聞「街かど人物館」 | トップページ | 「県庁・役場、人材の宝庫」 日経新聞2012.2.27から »

2012年3月 7日 (水)

個人、家庭向けのサービス業にちょっと注目

Facebookで、この事業、いいね!になったので、ちょっとご紹介を・・でも担当している方にはちょっと申し訳ないところも・・
福岡県では、個人・家庭向けのサービス業を「新生活産業」と呼んで、この産業に資する事業を展開しています(??お役所的表現??)。→最近、「支援」という言葉に違和感を感じておりますので、微妙な表現。

かれこれ10年近く取り組んでいるんではないかと思いますが、なかなかこの名称が広がらないし、いまいち企業さんが集まらない。・・と以前は思っていました。

相変わらず名称の方は広がった感がありませんが、この分野への関心は高まっているような・・

日本社会は、少子高齢化でありまして、少ない子どもと増える高齢者。子育てや教育、介護、身の回りの雑事について、家族でフォローできないところは、有料のサービスを利用するとか。
日本の中はモノであふれかえり、はたまたモノを買って家の中をいっぱいにしても満たされないもの・・精神的な落ち着きだとか充足感だとか、あるいはお金では簡単に買えないもの・・健康とか、個人の経験とか、教養とかに関心を向ける人が増えているんじゃないかとか。

サービス業はどうしても人の手が必要な分野で、生産性が低いと言われてきて、ちょっと以前までの、大きく稼げる産業分野の振興(例えば製造業)が主流だった時は、国や自治体の産業振興策としては、あまり関心を向けられてこなかったんですが(手っ取り早く税収が増える分野がいいからね)、利用者側のニーズやはたまた雇用の面からもっと注目されていいのではないか、もっと注目が集まるんではないかと感じてます。・・もう集まってるかも。。

国や自治体がいろいろな取り組みを始めているんじゃないかな。。国やお住まい、事務所所在地の自治体のホームページを覗いてみては。。

役所が何やっていても企業は企業・・とおっしゃるかもしれませんが、まあそう言わずにあるものの利用できるところは利用しても・・

ぜんぜん動いていない、変なことやっている・・それなら参加した人が動かしていく、どんどん意見を言っていいものに変えていく。

国や自治体は、いろんなことをやっていて・・でもうまくいっていないものも多くて・・そういうものもちょっとしたところを変えるだけでうまくいきそうなものがいっぱい。企業さんが参加されて運営側にちょっとしたアドバイスをするだけで大きく生まれ変わりそうなものもいっぱいあるように思うんです。

大企業さんなら一社でできるけれど、中小、小規模の企業さんが集まって、これからうまくいきそうな分野で、切磋琢磨する。

個人、家庭向けのサービス業、これから面白くなると思うけれど。。
(この分野で継続性ある事業にするためには大幅な生産性向上が必要・・なんて課題もあったりして、才能ある人にとってやりがいある分野だとも思ってます)

ちなみに福岡県では新生活産業を振興しています(ちょっとしつこい?)。
しつこいついでに、この分野の企業さんが集まるところがあります。

新生活産業くらぶFUKUOKA

« 「地域再生大学院」~2012年3月5日日経新聞「街かど人物館」 | トップページ | 「県庁・役場、人材の宝庫」 日経新聞2012.2.27から »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/44398103

この記事へのトラックバック一覧です: 個人、家庭向けのサービス業にちょっと注目:

« 「地域再生大学院」~2012年3月5日日経新聞「街かど人物館」 | トップページ | 「県庁・役場、人材の宝庫」 日経新聞2012.2.27から »