« 「息切れクールジャパン」Newsweek日本版2012.6.13特集 | トップページ | 本当に自分に必要なものか・・ »

2012年6月14日 (木)

やっぱりおかしいんじゃ・・なんでも支援

自分&ナカキラが少しでも社会にお役に立つために何ができるかを考えて、このところ、他の非営利活動団体の活動状況を参考にしたいと情報を探して自治体などのNPO支援窓口などの情報発信を見ていますが、それを見ていても何もわからないなあということが最近しっかりわかってきました。

元々公的機関については、知らないわけではないので、公平性とか、中立とかいう話になって、基本「ここががんばってます」って言わないのがスタンスだろうなとわかります。

とにかく非営利の活動やっていますと団体の方の自主申告で、それでは応援しましょうという話になります。

NPOというものが日本にもしっかり浸透して、とにかく営利でなければNPOみたいな状況で、営利ほどはなくてもものすごい数になってきていて、その中のどこを公的機関が応援しましょうか?という話をそろそろしないとまずいんじゃないかなと。じゃ何で判断するの?

営利企業だったら、今後利益を上げそうとか、儲けるだけじゃなくて社会への貢献が大きいからとかあるけれど・・
非営利だとそもそも利益を上げるわけではないし、かといって何か別の指標があるかというと助ける人の数とか比較するものじゃないし・・
じゃ社会への貢献でというと、元々社会に貢献したいと思っている活動のはずだから全部該当?

活動の補助金を出したりしているようだけれど、それをどうやって決めるかというとまず希望する団体がいて、そのなかからどこにするかっていう選び方。
これじゃ、本来活動そこそこに、自分たちの組織存続のための情報収集に力を入れて情報を集めているところが支援を受けてしまうってことも起こりそうで、それでいいのかなあって考えさせられます。

今からほんの数年前まで、阪神淡路大震災以降に特に、日本で芽生えたボランティアの精神を定着されるためにNPO等の非営利団体を「公」が支援する意味があったかもしれないけれど、仕組み自体がすっかり定着したいま、何を支援するのか、どう支援するのか、そもそも支援するのか・・考える時期ではないでしょうか?

« 「息切れクールジャパン」Newsweek日本版2012.6.13特集 | トップページ | 本当に自分に必要なものか・・ »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/45645919

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりおかしいんじゃ・・なんでも支援:

« 「息切れクールジャパン」Newsweek日本版2012.6.13特集 | トップページ | 本当に自分に必要なものか・・ »