« 才能を見出す仕組み | トップページ | あるがままの日本をどう活かすか~「第四の消費」三浦展著を読んで »

2012年7月 4日 (水)

今どきの価値

人が人生をかけて頑張る、成功したいっていう時、何を目標に頑張るのかなって考えると、みなさんは既に感じていることなのかもしれませんが、もう「お金持ちになること」じゃないのかなって思います。
お金持ちになって、いいものを買って、いい車に乗って、いい家に住んで。。。
それが、あんまり魅力を感じない。車は走ればいい、普段は持たずに必要な時に借りるだけだっていい。
お家は家族が寝る部屋があって、食事をしたり、話をしたり、それとバス、トイレ。贅沢なものは必要ない。

じゃ、偉くなるため、社会的地位を手に入れるため?
社会的地位を与えられるって、その地位を活かして何かその地位にふさわしい大きなことをするためであって、地位を得ただけでは何の意味もない。

昔は○○の社長さんとか、○○の理事長なんて肩書だけでもありがたかったかもしれませんが、いまは大企業のトップでさえ、平気で不正を行うから、肩書だけ尊敬を得るなんてこともない。

お金でもなく、地位でもなければ何か?何を求めてがんばるか。。

みんな人さまのお役に立つこと、感謝されることに価値を見出しているんじゃないかなって思います。

自分と家族だけでなく、まったく縁もゆかりのない人のお役に立つ。人間だからできることでは?

相手に役に立ったと思ってもらわなければならないから、自分がいくら役に立つと思って行動しても相手がそう思わないと駄目、親切の押し売りではいけない。
とっても難しいことです。

お金持ちになるより、社会的地位を手に入れるより、身近にいる人の役に立つ。

みんなの価値観がそんな風に変わってきているように感じます。

« 才能を見出す仕組み | トップページ | あるがままの日本をどう活かすか~「第四の消費」三浦展著を読んで »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/46194276

この記事へのトラックバック一覧です: 今どきの価値:

« 才能を見出す仕組み | トップページ | あるがままの日本をどう活かすか~「第四の消費」三浦展著を読んで »