« リーダーの条件 「西日本新聞9月16日朝刊 提論明日へ 姜 尚中さん」から | トップページ | サークル活動的社会活動 »

2012年9月22日 (土)

最近の関心事~地域だけ、日本だけを考えているだけでは・・

最近の関心事・・歴史、地理(地域情勢)、外国語・・・
好奇心が強いだけじゃない?と言われるかもしれませんが、並んでいる項目を見て、「わたしもそう!」と言う方が結構いるんじゃないかなと思っています。

唐突ですが・・
東日本大震災が発生して、多くの日本人の考え方が変わったんじゃないかと思います。
自分は九州に住んでいて、震災の影響はなかったけれど、震災が起こって、いままで考えてきたことが急に色あせてしまった。

それ以前、いろんなところでいろんな人が、日本は危機的状況だ、どうにかしなければと叫んでいて、みんなそれなりに危機感を感じて自分のできることをしてきたけれど〈行動はしなかったけど、少なくとも危機感はもっていた)、そんなことはお構いなしに突然すべてがなくなってしまった。

常日頃、心がけても努力しても、壊れるときは壊れる・・無力感にさいなまれて・・でもそこで終ってなくて立ち上がろうとしている。

人間って結構強いなあって・・
とても大変だろうけど、壊れてもどうにかできるのかもしれないな~って・・ 

それで世界を見回すと戦争や貧困、飢餓・・我が地域、我が日本だけが良ければいいのか? 
もっと広く目を向けるべきではないか、また・・世界で起こっている問題と日本は無縁でいられないんだとも・・

それから、私たちはずっと○○年後にこれこれになる、大変だ~と聞かされてきたけれど、いまふと現状を見つめると

既に個人の社会保障負担はかなり高額になっており、もしもの際の生活は自助努力を求められる部分が増えて・・

”オオカミが来るぞ~”って話でごまかされて、”将来が大変だ~”と言われ続けて・・でもいまだってもう大変
もう既にオオカミは来てるんじゃないかな。。

熱水にカエルを入れると驚いて飛び出すけれど、水から入れておいて、徐々に温度を上げると熱くなっていることを感じず、そのまま茹でられてしまう・・いわゆるゆでガエルの話。
その話を聞かされて、どうにかしなければと言われているけれど、もう既に私たちは外に出れない状態じゃないかなって思う。。。
もう手足は茹で上がっていて、外に出る力ないかも・・・


でもね・・ひょっとしたら、私たちは、沸騰しても平気。。に変わっちゃっているんじゃないかって思ったりもするんです。
変われるんじゃないかと思うんです。

国全体が貧乏になっても、公的に最低限の生活が保障されなくても、命の危険にさらされても、人は生きていける。
戦争や貧困、飢餓の中で必死に生きている人がいる。過去の日本でもそういう環境の中、生きてきた人たちがいた。

安心って何か、幸せって何か、生きるって何か、これから私たちはどう進むべきか、そのためにどう考えていけばいいか。。。
もう一度最初から、既存の価値観を見直してみなければいけないと考えている。考え始めている。。

だから、歴史を学び、地域情勢を学び、外国語を学ぶことを通じて他国を学ぶ・・そんな気持ちになるんじゃないか。。


« リーダーの条件 「西日本新聞9月16日朝刊 提論明日へ 姜 尚中さん」から | トップページ | サークル活動的社会活動 »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/47172412

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の関心事~地域だけ、日本だけを考えているだけでは・・:

« リーダーの条件 「西日本新聞9月16日朝刊 提論明日へ 姜 尚中さん」から | トップページ | サークル活動的社会活動 »