« やっぱり「教育」が大事だと思う 日経新聞2012年11月22日朝刊「辛言直言 建築家・安藤忠雄氏」 | トップページ | うそでしょう?最低賃金撤廃 »

2012年11月30日 (金)

「世界から「仕事」が消えてゆく」クーリエ・ジャポン1月号

クーリエ・ジャポン1月号の特集は「世界から「仕事」が消えてゆく」、新聞で広告を見たときから気になっていて九州で発売されてすぐ購入しました。
日本に起こりつつ変化を3つの側面から考えるとして、
(1)なぜ「仕事」が減っていくのか?
(2)揺れ動く日本の若者たち
(3)自分で「仕事を創る」には? と3つが掲げられています。
まず「なぜ「仕事」が減っていくのか?」を読みました。
「こうして「必要とされない人」が増えていく」という記事では冒頭から仕事の質の変化の話です。
「現在、先進国経済全体で4000万人が職にあぶれている。にもかかわらず、企業の求人枠がすべて埋まることはない。企業が必要とする能力のある労働者は逆に足りないのだ。
このような労働市場の機能不全は、仕事の性質が急速に変化していることのあらわれだ。労働者の能力と労働市場のシステムが、経済の変化のペースについていけないのである。」
景気が回復すれば自然に雇用が生まれるって期待が打ち砕かれます。求められる能力が違うと言われても、それではいまからすぐに身につけますってモノじゃないから・・深刻な事態ですよね。
(1)テクノロジーが仕事の質を変える。
テクノロジーが仕事の質を変えたと言います。工場の組み立てラインは機械に取って代わられ、銀行の窓口はATMになった。だからこれからの時代に重要になるのは「相互的な対応を求められる仕事」だそうです。
この分野はあらゆる雇用のなかで急速に成長している分野だそうです。そして企業がこの種の仕事を複数のタスクに分解して、単純なルーチンワークは技術の低い従業員に任せるようになっているそうです。
相互的な対応が求められるということは人間らしい仕事ができるということなんでしょうが、それがタスク毎に細分化されるとしたら、一人の人間は一連の流れの中のほんの一部分を担うってことになるのかなあと思います。
(2)スキルのミスマッチが拡大
「新たに創出される雇用は、より教育と能力のある労働者を求めるようになり、他の労働者が取り残されているのだ。」
学校を出たら勉強は終わり・・学校を卒業しても時代の変化にあわせて新しい知識・技術を身につけていかなければ置いて行かれる。そんな厳しい時代になるのかなあ。
(3)地理的ミスマッチの問題
場所によって雇用需要に違いがある。生まれながらの場所に住んでいたいと思うから、どこで仕事をするかは大事。
でも雇用がなければ生活ができない。「政策立案者は、労働力の移動を促す新しい方法を考えなければならない。」とも書かれていますが、仕事がなければ移動して仕事を探すというのが常識になるんでしょうか?
(4)活用しきれない人材の増加
多くの先進国で活用されていない労働者として若者と女性、定年間近の年齢層をあげています。これらの就業率が落ち込んでいるそうです。
今後人材不足になるから、これらの人材を活用しなければならないそうです。
(5)収入の格差は拡大する
「グローバル化とテクノロジーの高度なスキルを持つ労働者の需要を大幅に増やし、彼らの賃金を底上げする一方で、スキルの低い労働者の需要を減らしている。」
「学歴が高いと婚姻率も高くなる傾向があり、高所得者同士が結婚する場合も多く、所得格差に拍車をかけている。」
所得の格差が教育の格差につながります。そうなると教育を受けられなかった者は所得の高い仕事につく可能性が下がります・・格差は開くばかりです。。
そして記事は「先進国経済が直面する長期的な雇用問題は、従来の解決策では対応しきれないだろう。」と言い切ります。
対応策として
「大学に進学しない若者やキャリアの途中で再教育が必要となった労働者のために、中等後教育と職業訓練を抜本的に見直さなければならない。」
「雇用情報の全国的なデータベースを整備して、どのような求人があってどのような資格が必要かを参照できるようにする」
「起業やイノベーションを促進し、インフラ投資を刺激して、成長と雇用創出の足かせをとく・・」
などが書かれていますが、学校を卒業して勉強はそこで終わり。あとは会社に入って定年まで働く。終身雇用はもうほとんど崩れているように思いますが、学業を修めて仕事につく、そしてずっと働き続けるのが当たり前という感覚から変えないといけない時代になったのかなと思います。
いままで以上に個々の能力が求められるとすれば、個々の能力は当然ながら違うから、個々の人間そのものもいままでのような横並びの仕事の仕方はできなくなります。それが当たり前と考えないといけなくなるのでしょうね。
でも逆に人と同じでなくちゃいけないと周りばかりを気にしていたのが、それを気にしなくてよくなれば、ほっとするような気もします。

« やっぱり「教育」が大事だと思う 日経新聞2012年11月22日朝刊「辛言直言 建築家・安藤忠雄氏」 | トップページ | うそでしょう?最低賃金撤廃 »

○ 仕事・産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/48029848

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界から「仕事」が消えてゆく」クーリエ・ジャポン1月号:

« やっぱり「教育」が大事だと思う 日経新聞2012年11月22日朝刊「辛言直言 建築家・安藤忠雄氏」 | トップページ | うそでしょう?最低賃金撤廃 »