« 働くって~「ワーク・シフト」リンダ・グラットン著を読みつつ・・ | トップページ | 憲法を学ぶ »

2012年11月 8日 (木)

「たかが英語!」三木谷浩史著~自分の成長を求めること

楽天の社内英語化について、代表取締役が書いた本です。読み始めたら止まらなくて一気に読み終えました。

2年間の英語化の話も興味深かったんですが、それよりも三木谷氏の常に前を向いて進む姿勢に強く惹かれました。

ユニクロの柳井正氏の本を読んだ時も同じようにうれしくなったなあ、なぜかなって考えていたら、結局人間って未知のこと、自分の能力を高められることに惹かれるのかなあって思い当りました。

生まれてきて泣いてばかりだったのに、寝返りができるようになる。
寝返りができたら、首を持ち上げて、首を持ち上げたらハイハイをして・・立ち上がって・・
生まれた時から自分の関心を引いたものに近づいていく。その過程でいままでできなかったことができるようになる。

関心を引いたそのものも手に入れたいけれど、そこに近づく過程で自分が成長することが嬉しい。
前を向いて新しいことに挑戦するって人間が本来持っている、本能に近いものじゃないかな・・

世に閉そく感が漂って、経済成長に意味が見出せなくなって、成長を求めず、自分の生活を充実させよう、ゆっくり生きようって考える人が増えているように感じるけれど、自分自身も経済が成長しても個人が豊かさを感じないっていいんだろうか?って考えているけれど、でも何かを達成した時のワクワク感とか、何かをやりとけたいって思う気持ち、この気持ちが何なのか、この気持ちを忘れていいのかって疑問を感じているいまのこの状態も大切にしたいなって思います。

人は何を求めて生きるのか?
簡単に答えはでないだろうけど、社会に少しでも役に立ちたいと思った時に、その社会を構成する人間について、人間って何のために生きているのかなって問い続けていたいなって思うし、問い続けていなくちゃいけないんじゃないかって・・

« 働くって~「ワーク・シフト」リンダ・グラットン著を読みつつ・・ | トップページ | 憲法を学ぶ »

ナカキラ的読書記録、参考本・参考資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/47774447

この記事へのトラックバック一覧です: 「たかが英語!」三木谷浩史著~自分の成長を求めること:

« 働くって~「ワーク・シフト」リンダ・グラットン著を読みつつ・・ | トップページ | 憲法を学ぶ »