« 「世界から「仕事」が消えてゆく」クーリエ・ジャポン1月号 | トップページ | 女性の活用とセクハラ »

2012年12月 1日 (土)

うそでしょう?最低賃金撤廃

ぼや~とネットを見ていたら、某政党の最低賃金撤廃の話で盛り上がっているようです。

人間は生き物だから働ける時間に限りがあります。
ですから一時間当たりの賃金も下限があると思います。
せめて生活ができる・・というか労働力を維持できる賃金は払って欲しいですね。。

福岡県の最低賃金は701円、これで8時間働いて、30日本当は週に1回の休みを入れないといけないんで、例えば25日働くとして、140,200円。
これから税金や社会保険料が引かれて、手取りは10万円ないですよね。
それから、家賃があって、食費があって、光熱費があって・・・将来年金だけで暮らせるかどうかわからない(年金があるかどうかも・・)ので、貯金もしなくちゃいけない(普通はできないと思う)。
生活かなり厳しいでしょう。。

この基準さえ守らない企業があって、さらに本当は残業をしているのに残業をカウントしていない企業があって・・
それが最低賃金規制がなくなったらと思うとぞっとします。

資産や能力がある人は、自分の才覚で稼げて自分の生活は守れるから、あんまり関係ない。
なんて思っているかもしれないけれど、最低限の衣食住が確保されないと社会に不満がたまってしまう。
犯罪が増えて、のんびり散歩さえ楽しめなくなるかも・・
そんな社会にならないとも限らないなあと想像するんだけれど・・

某政党が見ている未来の日本ってどんな姿をしているのかな?

« 「世界から「仕事」が消えてゆく」クーリエ・ジャポン1月号 | トップページ | 女性の活用とセクハラ »

○ 仕事・産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/48047084

この記事へのトラックバック一覧です: うそでしょう?最低賃金撤廃:

« 「世界から「仕事」が消えてゆく」クーリエ・ジャポン1月号 | トップページ | 女性の活用とセクハラ »