« 女性の活用とセクハラ | トップページ | 自己責任 »

2012年12月 3日 (月)

国の威信

昨日、福岡国際マラソンを見ていて、記録について解説がされていて、あれ?っと思いました。
いまや男子の国際記録は2時間3分台だそうですね。すごいなあと思っていると日本記録は10年前から破られていない。10年前に2時間6分台が出てそれから記録が更新されていないというように解説されていました。

かつてはマラソン王国だったんじゃないかなっと思いつつ、そう言えば、企業のスポンサーがなかなか見つからないとか、仕事をしながら時間を見つけてマラソンをしている方がいたりとか・・
日本経済停滞の影響が、マラソンの記録に現れているのかなと思いました。

それでオリンピックを考えると例えばメダルを取ると国家が高額の賞金のようなものを出したりとか、兵役が免除されたりだとか・・

選手の養成についても国家的に取り組んでいたりして、国際的なスポーツ競技会を国家の威信をかけたものと考え、それ相応の取り組みをしているのに対して、日本ではオリンピックの期間は選手がメダルを獲得して日の丸が揚がると嬉しくなるものの、国の威信を賭けてという雰囲気はないですよね。
それはそれでいいのかもしれませんが、スポーツを振興することで、教育に対する取り組みであったりとか、健康に対する取り組みであったりとか、周辺技術であったりとかが充実する。
また、優秀な成績を収めた国に対しては、選手と併せてそれだけの選手を輩出するその国の取り組みを素晴らしいと感じますし、その国を見直したりします。

政治的な外交とは違った効果が国にもたらされように感じます。

領土を主張することも大事かもしれませんが、もう少し違った形で国の存在感を出す方法って結構あるんじゃないでしょうか?

運動オンチで、マラソンにもそうそう興味がある方ではないですので、勝手に解釈させてもらいました。
日本の記録が伸びない本当の理由、ご存じの方から笑われるかもしれませんね・・

« 女性の活用とセクハラ | トップページ | 自己責任 »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/48063281

この記事へのトラックバック一覧です: 国の威信:

« 女性の活用とセクハラ | トップページ | 自己責任 »