« 社会貢献ってまず心に余裕を持つことなのかも | トップページ | オンライン講義という発想 »

2013年1月16日 (水)

「退職前に地域デビュー」日経新聞2013年1月15日夕刊

地域社会との関わりについて、昨日の日経新聞に記事がありました。

「今の場所に住み続けるのなら地域社会との接点は欠かせない。深く長い関係を築くためには、体力に余裕がある退職前から考える必要がある。」のだそうです。
長年会社で働いてきた男性は、近所の人と仲良くなろうとしてもうまくいかないようです。
ボランティアに参加すれば、地域コミュニティに入るきっかけになるのでしょうが、ボランティアやNPOは少しハードルが高くなかなか踏み込めません。そんな方に対してはどんな活動があるかを知ってもらおうという活動もされているようです。

昔は自分の住んでいる地域の活動には、否が応でも参加せざるを得なかったのですが、個々人の生活が多様化して、必ずしも参加を求められないと逆に参加したいと思った時にハードルが高くなるんですね。
今の世の中、何事をするにも“選択”がついてまわり、窮屈だなと思います。
記事に地域デビューのための五カ条があります。
○肩書を忘れる
○誰もが対等な立場だと心得る
○できる、できないを明確に伝える
○気の合う人を見つける
○特に女性の話をじっくり聞く
これを見るとまずは溶け込むのが大事で、間違っても会社で培ってきたものを地域に還元するなんて最初から思わない方がいいようですね。

« 社会貢献ってまず心に余裕を持つことなのかも | トップページ | オンライン講義という発想 »

○ くらし・地域づくり・地域安全」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/48788606

この記事へのトラックバック一覧です: 「退職前に地域デビュー」日経新聞2013年1月15日夕刊:

« 社会貢献ってまず心に余裕を持つことなのかも | トップページ | オンライン講義という発想 »