« 協同労働 | トップページ | 「竹中流「世界人」のススメ」竹中平蔵著 »

2013年2月24日 (日)

社会貢献という発想を超えて

政権交替後、アベノミクスと名前までついた経済政策が打ち出され、何やら好景気の予感がしていて、財政状況や高齢化への対応の問題が世の中から吹っ飛んでいるようで、不気味な感じがします。
悲壮感が漂ったかと思うと楽観論が出てきたり、これだけ世相が揺れ動くとそれぞれが自分自身でなんのために生きているのかとか、何が幸せなのかとかを考えざるとえなくなるように思います。
結局行き着く先はいま自分が何をしたいか?
じゃないかと思います。
不安定な世の中で自分の事だけを考えているのが、何か料簡が狭いような気がして、こんな世の中だから誰かの役に立ちたい・・とみんな考えたんじゃないか? それで社会貢献をしたいと考える人が増えたんじゃないか?
でもそれをさらに進んで考えて、社会貢献をしますって言って例えばボランティアであったり、NPOなどの報酬の少ない仕事に就いたりするだけが社会貢献なのかな?ってみんなが考え出した。
そんな気もしているんですよね。。
自分が社会に参加して何らかの行動を取れば、それが社会の他の人たちに影響を及ぼす。
例えば、服を買えば、服を売っている人、服を作っている人に影響を及ぼす。
そんなことを考えると途上国で貧困にあえいでいる人と先進国で会社勤めをしながら服を売っている人、作っている人とは違うって言われるかもしれないけれど・・。
でも個人の力量ってそれぞれ違うから深い志とパワーがある人は途上国で人を助ければいいし、普通の人は粛々と働いて給料で服を買って服を売って・作って給料をもらっている人を喜ばせる。
どっちが社会に貢献しているかとか、どっちが凄いかっていう評価は・・自分はないと思う。いや、最近ないと思うようになった。
やれる人がやれることをやればいいんじゃないの。
社会貢献ってたいそうな事を言わずに、自分が社会に対してできることを粛々としていく。
これからそういう世の中になるんじゃないかなって期待しています。

« 協同労働 | トップページ | 「竹中流「世界人」のススメ」竹中平蔵著 »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/49628947

この記事へのトラックバック一覧です: 社会貢献という発想を超えて:

« 協同労働 | トップページ | 「竹中流「世界人」のススメ」竹中平蔵著 »