« 「プロカウンセラーの聞く技術」東山紘久著 | トップページ | 活動のツールとしてやはりインターネットは大きな力を発揮するから・・ »

2013年4月29日 (月)

自分の目で見てみること~市役所、役場施設

前回の更新から既に一週間以上経ってしまいました。
4月は特に日々の生活に追われていて、あっという間に時間が過ぎていきます。

さて、先週は福岡県内福岡市周辺の市役所・役場を訪問いたしました。
ごあいさつ程度の滞在でしたが、市役所・役場に出かけるのは久方ぶりで新鮮でした。
まずは、来訪者目線になっていることを発見
用があるなら、自分で探して・・的な施設だった昔を知っているものにとっては、もう驚きです。

各市町それぞれ違いはありますが、まずは玄関で各部署がどこにあるかを示してくれている。
それも全体図を出してあるところが多くて、庁舎のどこを目指せばいいか一目瞭然。
わたしのように短気で方向音痴の者にとってはとても助かります。

それから、受付の方、あるいはそばを通りかかった職員の方が、来訪者を気にしている。
少しでも困っていそうだったら声をかけてくれる庁舎がいくつかありました。
庁舎を見ただけでどうこうは言えないのですが、逆にそれ一つとっても・・・
何やら世間では、いまだに働いていないってイメージの公務の世界が実は実際見てみると違っている。

ですから、世間一般に言われていることをそのまま信じずに参考意見程度に留め、自分で確かめてみるまで自分の考えを固めない方がいいのかなっとあらためて思いました。

« 「プロカウンセラーの聞く技術」東山紘久著 | トップページ | 活動のツールとしてやはりインターネットは大きな力を発揮するから・・ »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/51418989

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の目で見てみること~市役所、役場施設:

« 「プロカウンセラーの聞く技術」東山紘久著 | トップページ | 活動のツールとしてやはりインターネットは大きな力を発揮するから・・ »