« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

「不格好経営」南場智子著

ゲームネットオクションやゲームがあまり理解できませんのでDeNAの事業についてはよくわかりませんが、やりたいことのために全力を尽くす経営陣、社員さんに「自分は何のために仕事をするのか?」という問いを思い出させてもらいました。

何のために仕事をするのか・・それは収入を得るためというだけではないと思うものの、では何のためか。その答えはこの本を読んでも出ていませんが、この本の中に登場する方々のように仕事をしてみたい、雑念に気を取られずに仕事をしたいって思いました。

DeNAの中にいる人たちはものすごく優秀な人たちで、優秀な人たちは優秀な人たちなりの仕事ぶりがありました。小さい時からトップスピードで走り続けて、人とは違う飛び抜けた能力を身につけて、それを活かしてDeNAでもトップスピードで走っている人たち・・・羨ましいと思いました。

もう一度人生がやり直せるなら、小学生くらいからやり直して、一生懸命勉強して、それなりの頭脳を身につけて最先端のことを全力でやってみたいですね~

それはそれとして、この本は最高責任者である代表取締役社長が経営について書いた本で、内容や規模は桁違いかもしれないけれど、責任者として何らかの事業を運営している人にとって、参考にできるんじゃないかと思います。

自分がやってみたいという想いだけで高額の年収を捨てて事業を興し、そしてその中心メンバーがマッキンゼーの社員だったにもかかわらず、トラブル続きで・・・
事業をやるっていうことはやっぱり理屈どおりに行かないんだなあって思います。
また、トラブルが最高の頭脳をしても簡単に解決できないものだったとしても、その時に「あきらめない」ってこと重要なんだなあと。。

事業に集中しながら、その中で会社に大切なものは人材であるから、人を育てることを大切にしていたりとか(南場氏によるとこれはどの会社も同じとはありますが・・)。

『会社は学校でも親でもないので、人材育成が究極の目的ではないが、人材の成長を重視していない会社はない。組織の成長は人材の成長によってもたらされるからだ。また、人材が成長する会社には、優秀な人が集まってくる。』
『なぜ育つか、というと、これまた単純な話で恐縮だが、任せる、という一言に尽きる。
人は、人によって育てられるのではなく、仕事で育つ。しかも成功体験でジャンプする。それも簡単な成功ではなく、失敗を重ね、のたうちまわって七転八倒したあげくの成功なら大きなジャンプとなる。』

それからMBAが役に立つかという話や人脈についての考え方・・・結局は仕事に向かうことにしか解はないということですが、この辺りも事業を始めたばかりで時間もなかったりするなら、まず何をすべきかを教えてくれます。考えさせてくれます。

女性として働くことについて言及しているところがあって、
女性であることで一定の下駄を履いていたとか、話を聞いてもらえたことやそれを自分の実力と勘違いすると不幸だとか・・・『女性であることを振りかざして権利意識や被害者意識の固まりになると、単に厄介な人になる。』なんていうのは面白いし、小気味いいです。
DeNAについては、『・・・女性の執行役員が少ないから女性を選ぼうなど、性別で判断することはいっさいない。そんなことをしたら男性に対しても、そして何より頑張っている女性に対して、とても失礼だと思う。採用において、まったく同じ実力の男性と女性がいたらどちらを選ぶかと訊かれたこともあるが、まったく同じ実力のふたりなどいるはずもないのである。』

なるほどなあと思います。

『一方で、女性が産む性であることには十分な配慮をしたいと考え、会社がまだ小さいころから産前産後の休暇をとりやすくする配慮はもちろんのこと、子ども手当などいろいろな支援制度を整えてきた。』そうである。
しかし、それも南場氏の夫が癌を患い、優先順位が家庭に切り替わってから初めて、人生いろいろなことが起きるということが実感できて、取り組みに魂が入って来たそうですが・・

ここでは、いま女性を活用するって言っているけれど、そのために何をすべきであるか。
また、女性自身はいまの環境を言い訳にするのではなく、やれることはやらなければならないんじゃないかなど考えました。当たり前すぎるけれど・・・

こんなふうに考える経営者に対して、女性の活用を応援する人たちが、それでも役員に女性を選ぶことが大事なんだって主張する際に、どういう理屈で説明ができるか?
聞いてみたい気がします。
・・・私だったら、女性を優先して役員につけるとするなら、最初に特別な教育と強力なバックアップもセットにすると説明しようかな。。いやいや南場氏流に言うなら、そんなことじゃなくて、いきなり大きなことを任せてみるのかな?

いずれにしろ、女性の活用も経営者側からみれば、お付き合いでできることじゃないんだなあって思います。応援する側もそうだけれど、社長自身が風潮だから何となく女性を活用するなんてやっていたら、その会社の経営方針自体に疑問が持たれてしまいますね。

女性が働くことについて書いたこの部分は、女性の活躍を支援する事業に携わっている私としては、経営者がこう考えているなら、それを突破するためには「何をすべきか」を考えるヒントになるところでもありました。

本まるごと面白かったので、一部を抜き出してまとまりがなくなりましたが、総括すると“あれをやりたい、これをやりたいと言っているけれど、この本に出てくる人たちのように極限までやっていないよなあとちょっと自分が情けなくなる”本でした。

う~ん・・・いろいろ考えたんで書いてみましたが、わけわかんないですね。。。

2013年6月29日 (土)

敷かれたレールの上を走らない生き方

先日参加したセミナーで、10年後の自分を考えてみましょうって時間があって、「あれっ?」と思ってしまいました。

自分はいつも先を見ていて、10年後あるいはもう少し短い時間でどうなるだろうって時々考えているんですが、それって普通じゃないのかなあと・・・

もっとも自分の場合、自分自身の5年後、10年後ではなくて、社会、特に日本がどうなっているんだろう、その中で自分がどうしているだろうということを考えます。

やっぱり一番心配しているのは財政破綻かな~

以前にも書いたかもしれないけれど、世界中を見回せば国家が機能していなくても人間それなりに生きていけるとは思うのですが、不幸なことはない方がいい。

それから健康という面で言えば、突然変異したウィルスに怯えているとか、逆に再生医療がものすごく発達して、自分の悪くなった器官を新しいものに取り換えたりとか・・

こうなればいいなあとか、こうなったらどうしようとか先のことばかりを見ていて、その前提にはいまの生活は壊したくないなあと言う気持ちがあります。

でも世間には、そんなことあんまり考えていない人も多い。例えばいままでやってきた仕事をすっぱり辞めて、新しいことを始めるとか・・

私なんか、収入なくなって大丈夫かなあとすぐ考えてしまいますが。

でも自分のやりたい事を始める時、新しい環境に飛び込むわけだから、未来・・というよりちょっと先もまったくわからない。

そうでなくても突然会社がなくなったりとか、解雇されたりすることだって、どんな会社、どんな業種(公務だって例外じゃなくなると思う)だって可能性がある世の中になった。
いままでは敷かれたレールの上を走っていればよかったけれど、これからはそうはいかない世の中になる。

敷かれたレールを走らない生き方、あるいはレールそのものがない生き方が普通になってしまうんでしょうか・・・

そんな世の中を生きられるか、子どもたちがそんな世の中を生きていくのに耐えられるか・・・心配してもしょうがないけれど・・・

そんな世の中になるんなら早いうちにレールを外れることを考えていたほうがいいかもしれませんね。

2013年6月27日 (木)

他の分野にも目を向けよう。。。

最近どっぷり本業の子育て女性の就職支援にはまり込んでします。

ブログの記事もそっち方面の記事が多い。

しかし、あまりはまり込むと見失うものがある。
そう感じます。

自分の身の回りの方々が幸せになる。豊かになる。
・・・身の回りは、世界全体に広がるくらい広く考えることもできるし・・
豊かになるって物質的な話ではなくて・・・

目線を修正してもっと広くモノを見てみなくっちゃ

すぐには無理かもしれませんが、徐々に修正していきます。

2013年6月22日 (土)

立派な組織で大きな変化は難しい・・自分で切り拓く!

福岡で「女性の大活躍推進福岡県会議」というものが立ち上がったので、全国の中で、東京、大阪は別格として、福岡が先進的に女性の活躍を推進するんだ!ととても期待していました。

女性が活躍するためには、活躍できるだけの環境整備が必要であり、そのためには何がネックになっているかを考えることから始めるのだろうと思います。そして何をするのか。
この組織は5月に立ちあがったのですが、当初は、


【重点とする活動】
1、経済界などを中心に、女性管理職比率等の目標を設定し実現する活動。
2、女性の能力・意欲・意思を高める活動
3、女性が活躍し易い育児支援等の社会的環境を整備する活動。

ということが謳われていました。

そして6月に入って、企画委員会が開かれたそうです。

それで当初からホームページが立ち上がることが発表になっており、そのホームページの開設を楽しみにしていたのですが、6月中盤になっても開かれないので、企画委員会の内容を会議に参加されている方に会議で決まったことを直接聞いてみました。

当面の活動では、女性の管理職比率を高めることを重点的にやっていくとのことでした。

それを聞いて、女性の再就職に関わっている私はちょっと拍子抜けをしてしまいました。
女性の管理職を増し、その方々を中心にすれば、今後女性の活用が進んでいく。
確かにそうだし大事な施策だと思うのですが、それを何年でやるのか・・・
どこかに集中し一点突破をしていかなければ、進まないとその方から言われ、確かにそうだなとは思いました。

しかし、福岡ではやっとそのレベルなのかなとも思うし、それでは間に合わないとも思います。

その会には福岡を代表する女性たちが集まっているのだと思います。
その方々の発言をしても経済界を中心としたこの組織の中で、大きな変化が起こるようなことが決められなかったのかな・・とがっくりと力が抜けました。

自分がこの組織にもの凄く期待していたことにも気がつきました。

しかし、よくよく考えてみると、ビックネームが集まる会議をどれだけ頻繁に開催できるか。
ただでさえ忙しい人たちがはまり込んでこれをできるはずもなく、そうするとおのずと自分たちが関わってできる事と目標達成期間とを照らし合わせて、できると思う範囲で目標を決めてしまう。

大々的に発表して立ち上がったものであれば、失敗は許されないってこともあります。


変化の緩やかな時代、こんな方法も有効だったのだと思います。地域の主だった人が集まって、コンセンサスが得られれば物事が進んでいった。
しかし、いまや大きな変化、早い変化が求められていて、この方法が有効ではなくなりました。
すべての分野において、急激な社会の変化に迅速に対応すべき時代になったと思います。
技術だけではなく、組織も制度もイノベーションが求められていると思います。

それに対応するためには、小さなところから、ゲリラ的に変化を起こしていく。失敗をしても影響が少ない小さい集団で新しいことを始めていく。

それしかないのかなあと感じました。

もしインパクトある変化が起せれば、個の発信がネットを通じて簡単に拡散できる環境が整っており、それはあっという間に伝わり拡がっていく。

自分は力がないから著名な人の力頼みになっていたけれど、自分自身で行動しなければならないんですね。

自分だって動けば何かが変わる可能性がある。
わくわくしますけれど、その分甘えることもできないってことですね。

2013年6月13日 (木)

国際活動機関に寄付をする

通販で本を買ったら、公益財団法人プラン・ジャパンのチラシが入ってきて、それを既に1か月以上手元に保管して眺めています。
以前に「フォスター・ペアレント」というものがあって、それは団体に寄付をする際に特定の子どもを支援しているような形になっていて、その子から手紙が来るなんていうこともうたってありました。
子どもと同じ年くらいの子どもを支援したら、子どもが大きくなった時にひょっとして会えるってこともあるかななんて思いながら、結局寄付に踏み切れないままでした。

うちの子どもはもう既にみんな社会人です。いまさらながらあの時支援を決めていたらなあなんて思っています。

そんな気持ちがあるから、このチラシ何となく捨てきれずにいます。

民族衣装の女の子の写真に「13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。」というコピーがついています。テレビCMも流れているようですから、見た方も多いと思いますが、写真を見るたびに自分たちの恵まれた環境と彼女たちの想像もできない環境とを比べながら。しばらくぼおっとしてしまいます。

インターネットで調べたら、この組織はフォスター・ペアレントを引き継いだもののようです(ネットで調べただけなので、間違っていたらすみません)。

国際機関というと、そこで働いている職員さんたちの処遇が良くて、本当にお金が必要なところに使われていないのではないか?という話も多々聞いて、あまり好きにはなれませんが、ここはNGOだから違うだろう・・・等と考えつつ、今回は後悔したくないなと思っています。

2013年6月12日 (水)

好きな仕事ができる機会は少ない

4月に職場を異動して、自分がやりたかった仕事をさせてもらっています。
いままで「自分の好きな仕事じゃないから」、「本当にこれは必要だろうか?と思うからうまくいかない」など、言い訳をしたこともあったけれど、今回は言い訳ができません。

自分の真の能力を自分が知る時が来たと思っています(周りの人はとっくにわかっていますが・・(笑))。

それはそれとして、やっと自分がしたいと思った仕事についたのだけれど、定期の人事異動があるから、それさえたぶん3年ぐらいしかできないでしょう。

それからあとのことを考えると私にとって、これがやりたい仕事ができる最後のチャンスかなと思います。(なんて私のことは置いといて・・)

自分の例から言うのもなんですが、自分のしたい仕事をできる機会、期間というのは誰でも案外少なくて、短いんじゃないかなっと思います。
組織の中にいたら、当然自分のしたいことばかりをすることはできない。
じゃ起業をしたら、できるかというと組織の中にいるよりはずいぶん自由にできるだろうけれど、やがて会社が大きくなったら組織が成長するわけで、創業者と言えども思い通りに動かすことはできなくなる。

それじゃNPOや社会企業として小さくやっていって自分のやりたいことができるかというと、組織の立ち上げから運営、外部の交渉まで何かと制約があって、自分の専門を活かしたいという気持ちだけだったら折れてしまうかもしれない。

そういうふうに考えると自分のしたいこともできないのかと悲しくなってしまうけれど、いま与えられた仕事は、実はそれをやりたいと思っている人がいて、でもその人はやれなくて・・
人がやりたいのに自分がいるためにその人ができないんなら、その人のためにも不本意でもやらないといけない。(自分の仕事は誰もやりたがらない仕事だ!と言われそうですが・・)

いずれにしろ、仕事をするからには、「好きな仕事ができる機会は少ない」って考えて、その機会が訪れるのを待ちつつ、今の仕事に全力を尽くすしかないのかなあって思います。

2013年6月11日 (火)

福岡の日曜街かど労働相談会終わる

一昨日6月9日に福岡市天神、天神地下街で街かど労働相談会が開催され、相談員として参加しました。

通りかかって開催を知り、相談を受けた方の案件が、深刻な状況でした。ひょっとしたら潜在的にかなりの方が、トラブルを抱えているのではないかと感じました。

相談したからといってなかなか解決できないかもしれないけれど、見知らぬ人に話をすることで気持ちが整理できることもあるように思います。

自分だけで抱え込まないで相談して欲しい。そう思います。

最近特に職場のいじめ・パワハラが増えていて、それは抱え込むと心身の健康に大きく影響が及ぶから、どうにもならないかもしれないけれど、まずは言葉ではき出すことが大事だと思っています。。。

県内後2か所、各地域の相談員が対応します。
また、各事務所で常時相談を受けています。
(下のリンク内の「当日お越しになれない方のご相談はこちらへ」をご覧ください。)

2013年6月 9日 (日)

「働く女性も意識を変えて」日経新聞2013.6.8朝刊

最近、働く女性の話が多くて恐縮ですが、今日も働く女性の話です。6月8日の日経新聞を読んで“まさに”と思いましたので、引用を交えつつ・・

変わること日本女性エグゼクティブ協会の中村紀子代表のお話が掲載されております。この方は、保育大手ポピンズの社長さんでもあります。

安倍政権の成長戦略に女性の活躍が掲げられたこともあって、女性の活用に関心が向けられているようですが、中村氏が話を聞いた経営者の悩みが書かれています。

「確かに私のところに経営者が人事担当者らを連れて相談に来るようになった。男性中心の正社員が長時間労働して企業の競争力を高める、という従来モデルはもう限界。優秀な女性なら子育てしながら働き続けてもらいたい。だが制約のある働き方しかできない彼女たちを戦力として再び活用するには、具体的にどうしたらいいのか分からない、とみな頭を抱えている」

経営者の大方が家庭のことはほとんど関わらず、仕事に専念してきた男性です。その方々に子育てをしている女性のことがわかるはずがなく、具体策が見えないというのは当然だと思います。

「大半の日本企業には社員を幹部に育成する『キャリア・ロードマップ』があるが、みな男性向けだ。“男性仕様”に合わせて頑張れるタイプの女性しか幹部候補者として育てられない。ロードマップをそのままにして女性管理職の数値目標を掲げても無理がある」
と言われています。

女性の場合、20代、30代に子育てが入ります。そうすると入社したら100%働き続けることを想定した“男性仕様”は当然使えなくなります。
いままではその仕様に乗らない女性の方が問題にされていましたが、仕様自体がおかしいんじゃないの?って考えなければならないんじゃないかと思います。

親の協力を得たり、預けやすい保育園を探したり、働き続けたいからいろんなことをやるんだけれど、それでも個人でできることに限界があります。
女性を人材として活かしたいのであれば、会社の方もそれなりの体制を整えないといけないのではないでしょうか。

しかし、中村さんは会社だけでなく、女性自身も意識を変えないといけないと言います。
それが「働く女性が成功するための8カ条」

第1条 目の前の仕事にベストを尽くす
第2条 20代、30代はキャリアの仕込み時と心得よ
第3条 第一印象が大切、笑顔のトレーニングを
第4条 職場の協調関係を築け~Give and Takeの精神で
第5条 交渉・説得力を高めよ
第6条 甘えない
第7条 ストレス解消法を見つけよ
第8条 5年先、10年先をイメージして人生の布石を打つ

働き続けてきたものは、これが当たり前のことであり、大切なことであることがわかります。
それは自分自身で多くの失敗を重ねて、やっと気がつくことでもあります。
でも早く身につけられるならその方がいい。
若い方にはすんなり入らない8カ条かもしれないけれど、理屈を抜きにしてまずは実行してみるしかないと思います。そのうち、「ああそうか」と腑に落ちる時が来る。


女に生まれただけで、思うように活躍ができない。そんな社会を変えていきたいですね。
でも、もう一つ・・人を育てるということ(家事を通じて日々生きるための健康を守る、育児を通じて将来の人材を育てる)に関わることもとっても大事なこと。
とっても重要なことだから、もっと男性が関わらないといけないんじゃないかな。
仕事と家庭・・・しなければいけないからではなく、どちらも重要だから、男性、女性に関わりなく両方をやらないといけないと思っていますし、そうしないと人生半分しか楽しんでいないとも思います。

2013年6月 6日 (木)

人を犠牲にするリーダーシップ

百田尚樹氏の「永遠の0」を読んで、第二次世界大戦について知りたい、知らないといけないと思い、いくつか本を揃えました。

いまは「失敗の本質」を読んでいます。この本は組織を研究した本ですが、自分は「永遠の0」を読んだ時と同じように、軍の上層部、いわゆるエリートたちのリーダーシップが何だったのかということを考えながら読んでいます。

自分たちのメンツやごく身近な仲間たちを慮った決断が、彼らをリーダーとして仰いだ多くの一般の人たちに大きな犠牲を強いた。そしてそうした犠牲が見えていながら、その痛みを感じきれなかったリーダーたち、そういう人たちが「優秀」と呼ばれる時、優秀って何だろうと考えてしまいます。

そして、いまもあんまり変わっていないなあとも・・

人の痛みを感じない優秀とよばれるリーダーたちが日本の将来を決めていく。自分の仲間内さえよければ良いと思っている人たち。自分たちの基準で自分たちを優秀と思い、優秀かそうでないかが判断基準になっていて、優秀でない人たちは、それなりに辛い目にあってもそれはしょうがない。優秀ではないってことは努力をしていないってことで、努力をしていない人が辛い目にあってもそれは自業自得。いまの世の中を見てて、そんなふうに考える人たちばかりがリーダーになっているんじゃないかと考えてしまいます。

でもそれはそれでいいんだ、多少きついことがあってもそれなりに暮らせていけたらいいんだって・・普通の人が、もちろん自戒の念も込めて、諦めているんじゃないかとも感じます。

でもでも諦めたらその状況は変わらないから・・・馬鹿かもしれないけれど、人を平気で犠牲にするリーダーには、「違うんじゃない?」って言い続けないといけない!そう思います。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »