« 敷かれたレールの上を走らない生き方 | トップページ | 数値目標 »

2013年6月30日 (日)

「不格好経営」南場智子著

ゲームネットオクションやゲームがあまり理解できませんのでDeNAの事業についてはよくわかりませんが、やりたいことのために全力を尽くす経営陣、社員さんに「自分は何のために仕事をするのか?」という問いを思い出させてもらいました。

何のために仕事をするのか・・それは収入を得るためというだけではないと思うものの、では何のためか。その答えはこの本を読んでも出ていませんが、この本の中に登場する方々のように仕事をしてみたい、雑念に気を取られずに仕事をしたいって思いました。

DeNAの中にいる人たちはものすごく優秀な人たちで、優秀な人たちは優秀な人たちなりの仕事ぶりがありました。小さい時からトップスピードで走り続けて、人とは違う飛び抜けた能力を身につけて、それを活かしてDeNAでもトップスピードで走っている人たち・・・羨ましいと思いました。

もう一度人生がやり直せるなら、小学生くらいからやり直して、一生懸命勉強して、それなりの頭脳を身につけて最先端のことを全力でやってみたいですね~

それはそれとして、この本は最高責任者である代表取締役社長が経営について書いた本で、内容や規模は桁違いかもしれないけれど、責任者として何らかの事業を運営している人にとって、参考にできるんじゃないかと思います。

自分がやってみたいという想いだけで高額の年収を捨てて事業を興し、そしてその中心メンバーがマッキンゼーの社員だったにもかかわらず、トラブル続きで・・・
事業をやるっていうことはやっぱり理屈どおりに行かないんだなあって思います。
また、トラブルが最高の頭脳をしても簡単に解決できないものだったとしても、その時に「あきらめない」ってこと重要なんだなあと。。

事業に集中しながら、その中で会社に大切なものは人材であるから、人を育てることを大切にしていたりとか(南場氏によるとこれはどの会社も同じとはありますが・・)。

『会社は学校でも親でもないので、人材育成が究極の目的ではないが、人材の成長を重視していない会社はない。組織の成長は人材の成長によってもたらされるからだ。また、人材が成長する会社には、優秀な人が集まってくる。』
『なぜ育つか、というと、これまた単純な話で恐縮だが、任せる、という一言に尽きる。
人は、人によって育てられるのではなく、仕事で育つ。しかも成功体験でジャンプする。それも簡単な成功ではなく、失敗を重ね、のたうちまわって七転八倒したあげくの成功なら大きなジャンプとなる。』

それからMBAが役に立つかという話や人脈についての考え方・・・結局は仕事に向かうことにしか解はないということですが、この辺りも事業を始めたばかりで時間もなかったりするなら、まず何をすべきかを教えてくれます。考えさせてくれます。

女性として働くことについて言及しているところがあって、
女性であることで一定の下駄を履いていたとか、話を聞いてもらえたことやそれを自分の実力と勘違いすると不幸だとか・・・『女性であることを振りかざして権利意識や被害者意識の固まりになると、単に厄介な人になる。』なんていうのは面白いし、小気味いいです。
DeNAについては、『・・・女性の執行役員が少ないから女性を選ぼうなど、性別で判断することはいっさいない。そんなことをしたら男性に対しても、そして何より頑張っている女性に対して、とても失礼だと思う。採用において、まったく同じ実力の男性と女性がいたらどちらを選ぶかと訊かれたこともあるが、まったく同じ実力のふたりなどいるはずもないのである。』

なるほどなあと思います。

『一方で、女性が産む性であることには十分な配慮をしたいと考え、会社がまだ小さいころから産前産後の休暇をとりやすくする配慮はもちろんのこと、子ども手当などいろいろな支援制度を整えてきた。』そうである。
しかし、それも南場氏の夫が癌を患い、優先順位が家庭に切り替わってから初めて、人生いろいろなことが起きるということが実感できて、取り組みに魂が入って来たそうですが・・

ここでは、いま女性を活用するって言っているけれど、そのために何をすべきであるか。
また、女性自身はいまの環境を言い訳にするのではなく、やれることはやらなければならないんじゃないかなど考えました。当たり前すぎるけれど・・・

こんなふうに考える経営者に対して、女性の活用を応援する人たちが、それでも役員に女性を選ぶことが大事なんだって主張する際に、どういう理屈で説明ができるか?
聞いてみたい気がします。
・・・私だったら、女性を優先して役員につけるとするなら、最初に特別な教育と強力なバックアップもセットにすると説明しようかな。。いやいや南場氏流に言うなら、そんなことじゃなくて、いきなり大きなことを任せてみるのかな?

いずれにしろ、女性の活用も経営者側からみれば、お付き合いでできることじゃないんだなあって思います。応援する側もそうだけれど、社長自身が風潮だから何となく女性を活用するなんてやっていたら、その会社の経営方針自体に疑問が持たれてしまいますね。

女性が働くことについて書いたこの部分は、女性の活躍を支援する事業に携わっている私としては、経営者がこう考えているなら、それを突破するためには「何をすべきか」を考えるヒントになるところでもありました。

本まるごと面白かったので、一部を抜き出してまとまりがなくなりましたが、総括すると“あれをやりたい、これをやりたいと言っているけれど、この本に出てくる人たちのように極限までやっていないよなあとちょっと自分が情けなくなる”本でした。

う~ん・・・いろいろ考えたんで書いてみましたが、わけわかんないですね。。。

« 敷かれたレールの上を走らない生き方 | トップページ | 数値目標 »

ナカキラ的読書記録、参考本・参考資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/52246057

この記事へのトラックバック一覧です: 「不格好経営」南場智子著:

« 敷かれたレールの上を走らない生き方 | トップページ | 数値目標 »