« 福岡の日曜街かど労働相談会終わる | トップページ | 国際活動機関に寄付をする »

2013年6月12日 (水)

好きな仕事ができる機会は少ない

4月に職場を異動して、自分がやりたかった仕事をさせてもらっています。
いままで「自分の好きな仕事じゃないから」、「本当にこれは必要だろうか?と思うからうまくいかない」など、言い訳をしたこともあったけれど、今回は言い訳ができません。

自分の真の能力を自分が知る時が来たと思っています(周りの人はとっくにわかっていますが・・(笑))。

それはそれとして、やっと自分がしたいと思った仕事についたのだけれど、定期の人事異動があるから、それさえたぶん3年ぐらいしかできないでしょう。

それからあとのことを考えると私にとって、これがやりたい仕事ができる最後のチャンスかなと思います。(なんて私のことは置いといて・・)

自分の例から言うのもなんですが、自分のしたい仕事をできる機会、期間というのは誰でも案外少なくて、短いんじゃないかなっと思います。
組織の中にいたら、当然自分のしたいことばかりをすることはできない。
じゃ起業をしたら、できるかというと組織の中にいるよりはずいぶん自由にできるだろうけれど、やがて会社が大きくなったら組織が成長するわけで、創業者と言えども思い通りに動かすことはできなくなる。

それじゃNPOや社会企業として小さくやっていって自分のやりたいことができるかというと、組織の立ち上げから運営、外部の交渉まで何かと制約があって、自分の専門を活かしたいという気持ちだけだったら折れてしまうかもしれない。

そういうふうに考えると自分のしたいこともできないのかと悲しくなってしまうけれど、いま与えられた仕事は、実はそれをやりたいと思っている人がいて、でもその人はやれなくて・・
人がやりたいのに自分がいるためにその人ができないんなら、その人のためにも不本意でもやらないといけない。(自分の仕事は誰もやりたがらない仕事だ!と言われそうですが・・)

いずれにしろ、仕事をするからには、「好きな仕事ができる機会は少ない」って考えて、その機会が訪れるのを待ちつつ、今の仕事に全力を尽くすしかないのかなあって思います。

« 福岡の日曜街かど労働相談会終わる | トップページ | 国際活動機関に寄付をする »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/52007807

この記事へのトラックバック一覧です: 好きな仕事ができる機会は少ない:

« 福岡の日曜街かど労働相談会終わる | トップページ | 国際活動機関に寄付をする »