« 国際活動機関に寄付をする | トップページ | 他の分野にも目を向けよう。。。 »

2013年6月22日 (土)

立派な組織で大きな変化は難しい・・自分で切り拓く!

福岡で「女性の大活躍推進福岡県会議」というものが立ち上がったので、全国の中で、東京、大阪は別格として、福岡が先進的に女性の活躍を推進するんだ!ととても期待していました。

女性が活躍するためには、活躍できるだけの環境整備が必要であり、そのためには何がネックになっているかを考えることから始めるのだろうと思います。そして何をするのか。
この組織は5月に立ちあがったのですが、当初は、


【重点とする活動】
1、経済界などを中心に、女性管理職比率等の目標を設定し実現する活動。
2、女性の能力・意欲・意思を高める活動
3、女性が活躍し易い育児支援等の社会的環境を整備する活動。

ということが謳われていました。

そして6月に入って、企画委員会が開かれたそうです。

それで当初からホームページが立ち上がることが発表になっており、そのホームページの開設を楽しみにしていたのですが、6月中盤になっても開かれないので、企画委員会の内容を会議に参加されている方に会議で決まったことを直接聞いてみました。

当面の活動では、女性の管理職比率を高めることを重点的にやっていくとのことでした。

それを聞いて、女性の再就職に関わっている私はちょっと拍子抜けをしてしまいました。
女性の管理職を増し、その方々を中心にすれば、今後女性の活用が進んでいく。
確かにそうだし大事な施策だと思うのですが、それを何年でやるのか・・・
どこかに集中し一点突破をしていかなければ、進まないとその方から言われ、確かにそうだなとは思いました。

しかし、福岡ではやっとそのレベルなのかなとも思うし、それでは間に合わないとも思います。

その会には福岡を代表する女性たちが集まっているのだと思います。
その方々の発言をしても経済界を中心としたこの組織の中で、大きな変化が起こるようなことが決められなかったのかな・・とがっくりと力が抜けました。

自分がこの組織にもの凄く期待していたことにも気がつきました。

しかし、よくよく考えてみると、ビックネームが集まる会議をどれだけ頻繁に開催できるか。
ただでさえ忙しい人たちがはまり込んでこれをできるはずもなく、そうするとおのずと自分たちが関わってできる事と目標達成期間とを照らし合わせて、できると思う範囲で目標を決めてしまう。

大々的に発表して立ち上がったものであれば、失敗は許されないってこともあります。


変化の緩やかな時代、こんな方法も有効だったのだと思います。地域の主だった人が集まって、コンセンサスが得られれば物事が進んでいった。
しかし、いまや大きな変化、早い変化が求められていて、この方法が有効ではなくなりました。
すべての分野において、急激な社会の変化に迅速に対応すべき時代になったと思います。
技術だけではなく、組織も制度もイノベーションが求められていると思います。

それに対応するためには、小さなところから、ゲリラ的に変化を起こしていく。失敗をしても影響が少ない小さい集団で新しいことを始めていく。

それしかないのかなあと感じました。

もしインパクトある変化が起せれば、個の発信がネットを通じて簡単に拡散できる環境が整っており、それはあっという間に伝わり拡がっていく。

自分は力がないから著名な人の力頼みになっていたけれど、自分自身で行動しなければならないんですね。

自分だって動けば何かが変わる可能性がある。
わくわくしますけれど、その分甘えることもできないってことですね。

« 国際活動機関に寄付をする | トップページ | 他の分野にも目を向けよう。。。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/52136734

この記事へのトラックバック一覧です: 立派な組織で大きな変化は難しい・・自分で切り拓く!:

« 国際活動機関に寄付をする | トップページ | 他の分野にも目を向けよう。。。 »