« 好きな仕事ができる機会は少ない | トップページ | 立派な組織で大きな変化は難しい・・自分で切り拓く! »

2013年6月13日 (木)

国際活動機関に寄付をする

通販で本を買ったら、公益財団法人プラン・ジャパンのチラシが入ってきて、それを既に1か月以上手元に保管して眺めています。
以前に「フォスター・ペアレント」というものがあって、それは団体に寄付をする際に特定の子どもを支援しているような形になっていて、その子から手紙が来るなんていうこともうたってありました。
子どもと同じ年くらいの子どもを支援したら、子どもが大きくなった時にひょっとして会えるってこともあるかななんて思いながら、結局寄付に踏み切れないままでした。

うちの子どもはもう既にみんな社会人です。いまさらながらあの時支援を決めていたらなあなんて思っています。

そんな気持ちがあるから、このチラシ何となく捨てきれずにいます。

民族衣装の女の子の写真に「13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。」というコピーがついています。テレビCMも流れているようですから、見た方も多いと思いますが、写真を見るたびに自分たちの恵まれた環境と彼女たちの想像もできない環境とを比べながら。しばらくぼおっとしてしまいます。

インターネットで調べたら、この組織はフォスター・ペアレントを引き継いだもののようです(ネットで調べただけなので、間違っていたらすみません)。

国際機関というと、そこで働いている職員さんたちの処遇が良くて、本当にお金が必要なところに使われていないのではないか?という話も多々聞いて、あまり好きにはなれませんが、ここはNGOだから違うだろう・・・等と考えつつ、今回は後悔したくないなと思っています。

« 好きな仕事ができる機会は少ない | トップページ | 立派な組織で大きな変化は難しい・・自分で切り拓く! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/52028162

この記事へのトラックバック一覧です: 国際活動機関に寄付をする:

« 好きな仕事ができる機会は少ない | トップページ | 立派な組織で大きな変化は難しい・・自分で切り拓く! »