« 労働法を守る~経営者の品格 | トップページ | 「働く女性も意識を変えて」日経新聞2013.6.8朝刊 »

2013年6月 6日 (木)

人を犠牲にするリーダーシップ

百田尚樹氏の「永遠の0」を読んで、第二次世界大戦について知りたい、知らないといけないと思い、いくつか本を揃えました。

いまは「失敗の本質」を読んでいます。この本は組織を研究した本ですが、自分は「永遠の0」を読んだ時と同じように、軍の上層部、いわゆるエリートたちのリーダーシップが何だったのかということを考えながら読んでいます。

自分たちのメンツやごく身近な仲間たちを慮った決断が、彼らをリーダーとして仰いだ多くの一般の人たちに大きな犠牲を強いた。そしてそうした犠牲が見えていながら、その痛みを感じきれなかったリーダーたち、そういう人たちが「優秀」と呼ばれる時、優秀って何だろうと考えてしまいます。

そして、いまもあんまり変わっていないなあとも・・

人の痛みを感じない優秀とよばれるリーダーたちが日本の将来を決めていく。自分の仲間内さえよければ良いと思っている人たち。自分たちの基準で自分たちを優秀と思い、優秀かそうでないかが判断基準になっていて、優秀でない人たちは、それなりに辛い目にあってもそれはしょうがない。優秀ではないってことは努力をしていないってことで、努力をしていない人が辛い目にあってもそれは自業自得。いまの世の中を見てて、そんなふうに考える人たちばかりがリーダーになっているんじゃないかと考えてしまいます。

でもそれはそれでいいんだ、多少きついことがあってもそれなりに暮らせていけたらいいんだって・・普通の人が、もちろん自戒の念も込めて、諦めているんじゃないかとも感じます。

でもでも諦めたらその状況は変わらないから・・・馬鹿かもしれないけれど、人を平気で犠牲にするリーダーには、「違うんじゃない?」って言い続けないといけない!そう思います。

« 労働法を守る~経営者の品格 | トップページ | 「働く女性も意識を変えて」日経新聞2013.6.8朝刊 »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/51940146

この記事へのトラックバック一覧です: 人を犠牲にするリーダーシップ:

« 労働法を守る~経営者の品格 | トップページ | 「働く女性も意識を変えて」日経新聞2013.6.8朝刊 »