« 「不格好経営」南場智子著 | トップページ | 節電 »

2013年7月 1日 (月)

数値目標

経常利益、営業利益・・・明確に数値化ができる世界はいいなと思います。

公務員は働かないと言われてきました。

しかし、財政状況が厳しくなって以降、公務の世界にも数字で目標を示すことが求められ、
事業の成果を数値で求められるようになりました。

しかし、それが何となく無理やり。

就職が難しい方向けの事業で就職率が指標として使われる。

セミナーを開催すると参加者数が指標として使われる。

就職ができないからみんなから徴収した税金を使って事業をしていると思うんですが・・・

セミナーは中身であったり、そのセミナーを聞いてから起こったこと、いわゆる効果が大切だと思うんですが・・・

それぞれの事業にそれぞれの目標値を設定して、達成を目指す。
事業ごとに細かく作る数値の根拠はこじつけで、達成可能な甘い数字

そんなことありませんか?

そろそろ本当に求めるべきものが何なのかを考え始めてもいいような気がします。

« 「不格好経営」南場智子著 | トップページ | 節電 »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/52266402

この記事へのトラックバック一覧です: 数値目標:

« 「不格好経営」南場智子著 | トップページ | 節電 »