« 『地域に飛び出せ公務員』2013.9.1佐賀新聞 | トップページ | コンビニエンスストアの戦略 »

2013年9月10日 (火)

「ワークルール検定」2013.9.10日経新聞夕刊

『労務知識で身を守って』という見出しで日経新聞の夕刊に、連合ほかNPO法人などが働く人の権利に関する知識を問う検定を実施するという記事がありました。

『ブラック企業被害対策』という見出しはいただけませんが・・・

労働者を人と思っていないんじゃないか、経営陣さえよければ、社員がどうなろうと構わないと思っているんじゃないかと思う企業が増えているなと思うのですが、それを「ブラック企業」という言い方で片づけてしまうのは抵抗があります。
一括りにある言葉で表現すると、流行語となってしばらく問題視されても、いずれ忘れ去られてしまいます。
わかりやすい名前がつくことに抵抗があります。

それはさておき、『ワークルール検定』は『労働基準法、労働契約法、労働組合法といった法律を中心に、採用、賃金、休日、解雇などに関する知識を問う。初級、中級、上級に分け、それぞれ年1回程度、試験を行う方針』だそうです。

労働相談を受けていて感じるのは、知識があれば防げたと思う事例ばかりですし、自分に直接関わってくることなのにあまりにも法律を知らない。

ブラック企業(厚生労働省的には「若者の「使い捨て」が疑われる企業等」と言うようですが)の被害にあわないために、まずは知識を身につけること。

この検定が定着したらいいなと思います。

« 『地域に飛び出せ公務員』2013.9.1佐賀新聞 | トップページ | コンビニエンスストアの戦略 »

○ 仕事・産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/53216843

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワークルール検定」2013.9.10日経新聞夕刊:

« 『地域に飛び出せ公務員』2013.9.1佐賀新聞 | トップページ | コンビニエンスストアの戦略 »