« 二重行政はたまた相乗効果 | トップページ | 人間って「何のために生きるか?」を考えながら生きる動物? »

2013年9月23日 (月)

「イクメン 国が育成」(2013.9.18日経新聞夕刊)

日経新聞のこの見出しを見て、「そんなものなのかなあ~?」とついて行けなさを感じました。

子どもは既に社会人、子育てから何年も離れていますので、感覚が違っているんでしょうか?

でもやっぱり、イクメン=‘子育てに参加する男性’を国が育成するようなものなのだろうかという思いです。

そもそも「イクメン」っていう言葉が嫌いです。

子育てに参加しない男性が多い現実があるのはわかります。
しかし、本来子育てはその子どもの親が共同で担うもの!

だから当然男性も子育てに参加しておくべきで、あたかも子育てに参加している男性が特別なように「イクメン」なんて言葉まで作って持ち上げる。


参加している育児の内容が、休みの日に子どもと遊ぶとか、たまに母親が用事がある時に子どもと一緒に留守番をする・・程度だったら、何よそれ!って思ってしまいます。

「男は外で金を稼いで来ているんだ!」っていう方もいらっしゃいます。確かにお金がないと
生活ができない。
しかし、お金を積んでいても子どもは育ちません。子どもは面倒を見てくれる人が必要です。

もちろんサービスはたくさんありますから、お金でそれを買えばいいだろ!って言われるかもしれません。

でも、育児全般をサービスに頼れるほど、お金を稼いでいる方なんてほんの一握りでは?

なんて嫌味を言いつつ、記事の内容を

サブ見出しは「相談員養成・セミナー・啓発サイト 環境整え共働き支援」
記事とは順番が違いますが、

まずは“セミナー”
「企業経営者を対象に、男女共同参画を啓発するセミナーを都道府県ごとに開く。女性が取得することを前提に制度設計されている育休制度を、男性も取りやすくするように使い勝手をよくしたり、「育休は女性が取るものだ」といった上司の偏見を是正したりすることを働き掛ける。」

これは、まあいいかなと思います。育休を父親、母親どちらが取るかは家庭の問題ですが、どちらが取るか選択できるように制度設計をする、あるいは意識を変えるというのは、いま必要なことだと思います。・・・セミナーっていう形式で本当に必要な人に届くか?という疑問はありますが。

それから“啓発サイト”
「経済団体と連携し、イクメン紹介サイトも立ち上げる。イクメンを後押しする企業の取り組みを業種別に集めて情報共有するほか、イクメンが活躍する職場を取り上げる。サイトで意見交換できる掲示板も設ける。」
う~ん、どれだけ情報が集まるか・・・?

そして、ちょっと疑問符がついてしまうのは“相談員養成”

「育児経験のある男性の自治体職員などを集め、職場や地域で活動する相談員を養成する。」

いくら経験があっても育児は家庭で行う個々人のもの。人それぞれじゃないでしょうか?
そもそも男性の育児の経験者がどれほどいるか? 数週間の育休を取ったから経験者?なんてことはないでしょうが・・

相談を受けるのもいいけれど、育児中の方々に相談受けられるほど時間があるようにも思えないし・・

そう言えば、育児経験者もよそ様の相談にのる時間ないんじゃないかな・・・

最近は、国の事業というと省庁の予算確保のために、なんでもありの施策を出してきているんじゃないかと疑っています。
私には、これもそんな匂いがしてしまうんですが・・・育児専門家ではない私から見ると「なんでしょうね?」ですが、見る人が見れば、取り組みとしてはヒントになるところもあるかもしれないなあとは感じています。

やらないより、やる・・・だろうと思いつつ、でも・・お金かかるのよねって気持ちも消えていません。

« 二重行政はたまた相乗効果 | トップページ | 人間って「何のために生きるか?」を考えながら生きる動物? »

○ 子育て・教育・人材育成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/53356194

この記事へのトラックバック一覧です: 「イクメン 国が育成」(2013.9.18日経新聞夕刊):

« 二重行政はたまた相乗効果 | トップページ | 人間って「何のために生きるか?」を考えながら生きる動物? »