« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月26日 (土)

「思いっきり仕事をすること」と「血筋・人脈、既得権」

この二週間、「ロスジェネの逆襲」「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」「華麗なる一族」を読んでいました。
「半沢直樹」ブームにあやかった(?)「ロスジェネの逆襲」の新聞広告にちょっと仕事で落ち込んだ感性が反応し、読んでみたらおもしろかった・・・
読んで、自分も自分が納得する仕事をしたいなあ~なんて思って(小説読んでこの発想は、単純で恥ずかしいですが・・)、ついでにかつて読んだけど、ほとんど内容を忘れた前の2作を読み返しました。
さらに、池井戸潤氏のこの銀行ものは、案外銀行の実態に近いものがあるとかいう何かの記事を思いだして、小説で銀行のことがわかるなら、じゃあ他の銀行ものを読んでみたいなあと山崎豊子氏の「華麗なる一族」に手をつけて・・

こちらの方は銀行内部の話より、既得権を握った人たちの攻防を大企業と銀行、政・官の関係を絡めて描いているものでした。

フィクションといいながら、まったく現実と離れたものではないと考えると、これは終戦後の復興期以降の話ですが、権力構造はいまでもあんまり変わっていなくて、戦後権力を手にした人たちがいまも日本社会を動かしているんでしょうね。

歴史を振り返って、武家中心で庶民がないがしろにされていた時代であるとか、人権なんて無視されて国のために・・って言っていた時代に生まれなくてよかったなあなんて思っていたんですが、いまだって「日本のため」なんて言っている政治家や経済界の人たちが、実は自分の保身しか考えておらず、自分のために政策や企業の方向性を歪めているとすれば、自分のできる範囲で日本を変えていこうと思っているけなげな人は救われないなあなんて思ってしまいました。

しかし、再度歴史を振り返って考えれば、人民のために(あるいはお客様のために)・・・なんて徳政を行った人、政府、組織なんて、ほとんどなかったわけで、結局人間のすること、「自分」があってこそですから、自分がかわいくて自分のことしか考えられない政治家や経営者を見ても、まあ仕方ないと思うしかないでしょうね。

ということで、池井戸氏の半沢シリーズと華麗なる一族、全くつながらない話のようですが、
腐った権力に辟易していて、それをぶつくさ批判するのもいいですが、そこは人間の性は変わらないと諦めて、批判をして無駄な時間を使うより、一度限りの人生、自分の思う道を一生懸命進んだ方がいいなと思うところです。

それとも一生懸命努力して、既得権益側につきますか?

ところで、

かつては戦争や革命で権力者が交替してきたのですが、先進国では既存の権力を破壊するような事態は起こりそうにもなく、あらゆる分野で既得権益が守られて、ますます持つ側と持たない側の格差が開いて行くんでしょうね。

2013年10月13日 (日)

庶民が考えるリーダーシップあるいはエリート

日本の人材が劣化しているという話を庶民なりに考えてみました。

日本中に難関と言われる大学があって、そこから毎年相当数の人材が輩出されています。

そうした状況でも人材不足が言われる際には、いろんなレベルがあって
大きな話だと

世界に通用する人材がいない・・
日本のリーダーとなる人材がいない・・・

っていうことかなと思います。

そういう話っていうのは、各分野で素晴らしい業績を上げている方の上位10人程度の方が世界に知られれば、日本の中の論調としては、まあ世界に通用する人がいるよねって言う話になったり、リーダーと言えば、政治家であったり、これも各分野でその分野の今後の方向性を決める人がいて、世界の中で発言権があれば、まあ問題なしということで、本当に一握りの人の話じゃないかな?

それをメディアが発達しているもんだから、「日本は人材が不足している」っていろんなメディアで騒ぐと一般庶民もなんかしないといけないような気になってしまっています。

確かに上位数人はピラミッドの頂点だから、ピラミッドを形づくる大勢の人が必要だけれど、ピラミッドの各層はそれぞれ自分がピラミッドのどの部分になるかは、適当な時期に分かってくるから、わかった以降はリーダー論あるいは、エリート論は関係者だけでやってよねって静観してればいい。

あとは、自分に与えられた役割のところで、ベストを尽くせばいい。

最初にも書いたとおり、いまやほとんどの方が大学まで進んで、そこにはたくさんの有名校があって、それなりの人材が輩出されているから、その大学教育の質がどうなの?って議論はあるにしても、あらゆる組織の大方のところにそれなりのリーダー的な方がいるわけで、庶民はメディアの話にじたばた考えずに、自分のやるべきことをやってればいいかなって思います。

そうはいいながら、いろんな組織のリーダーさん、確かに優秀なんだけれど、ちょっとずれているなあと感じることが多くって、自分のスキルアップのためだとか、会社のためだとか、お金持ちになるためだとか、身近な狭い範囲の利益、自分の利益のために行動されていて、情けないなあと感じたり、こりゃ将来どうなるんだって憂えたりしてはいるんですが・・
こういうのも人材の話だとすると、ここも人材が不足しているって言えないことはないけれど・・

なんにせよ、庶民は粛々と自分の信念に従って日々を暮らしていくしか、術がなくて、日本に素晴らしい人材がいなくて日本が変な方向に行ったとしても、それを運命として受け入れて、その中で最大限の努力をして生きて行くしかないのかなあって思います。

世の論調に煽られて、年をとったので日本の役に立つ人材を育てなければと考えて行動するより、日々自分の与えられた役割をこなしていく方が大事かな。

・・・もちろん日本のためになる人材なんて大きな話でなくて、自分の後継を務めてくれる人を育てるっていうこと、日々自分に与えられてことをやりながら次を育てるってことは誰もがしなくちゃいけないことだと思いますが・・・

いろんな情報が手軽に手に入るようになって、自分が考えなくていいことまで、何となく心配してしまう。

短い人生、ちょっとした時間の無駄ですよね。

2013年10月 6日 (日)

人間って「何のために生きるか?」を考えながら生きる動物?

平成26年度の保育園の募集が11月に開始されるということで、秋口に入って働きたいお母さんが仕事を探し始めています。
保育園に入るくらいのお子様をお持ちの方々だけでなく、お子さんが中学生や高校生になってしばらくぶりに働く方も多く、就職活動が厳しくなることが予想されるので、挫折されないように、まずは「何のために働くのか?」という質問をして、決意のほどを確認しています。この質問はご本人にとっては、もう一度働くってことを考える機会にもなるようです。

なんて偉そうに言っていますが、自分に質問された時に答えられるかどうか、自信がありません。
自分は何のために働いているのか?
何のために生きているのか?

一生食べるに困らないだけのお金を手に入れたとしたら、働こうと思わないのか?
子どもから大人になって、結婚して子どもができて、その子どもが大きくなって・・・
順風満帆な生活もいいだろうけれど、苦労をした人生を送ることになってもそれはそれで人とは違うものを見ることができる。
でも結局、最後は灰になる。人生って何だろうと思います。
何のためにお金儲けをしたいのか、何のために偉くなりたいのか、何のために強い国になりたいのか。
黙々と生きるだけじゃなくて、その意味を知りたがる。
海の中に生きる魚やサバンナに暮らす動物たちは何のために生きるか?なんて考えない。
人間だけが生きる意味を考えて生きている。
いろんな考え方があって、いろんな価値観があって、迷いながら生きている。
正解なんてないんだなあって思います。
だから、自分の価値観だけじゃなく、いろんな人の価値観に触れてみる。
自分が考えることが正しいわけじゃない。
自分の考えにとらわれすぎないようにしておきたいなあって思います。
自分の考え、行動に対して、なぜ?って考えることは、人間だからできることだから、思いっきり「何故?」「何のため?」って考えようと思います。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »