« 「購買データ提供し新商品」日経新聞2013年11月10日(日)朝刊 | トップページ | 「幼稚園も長時間保育を 待機児童解消の切り札に」西日本新聞2013.11.17(日)朝刊 »

2013年11月16日 (土)

「中国、一人っ子政策転換」日経新聞2013.11.16(土)朝刊

本日日経新聞朝刊の記事に

「中国共産党は15日、人口抑制のため1979年に導入した「一人っ子政策」を転換することを公表した。夫婦のどちらか一方が一人っ子なら第2子までの出産を認める。中国では高齢化が進み、労働力不足や社会保障費の増加が問題になっている。出生数を増やして若年層を厚くし、将来の人口減による悪影響を軽くする。」
とありました。

歴史的な決定ですね。
もともと子どもを一人しか持てないっていうことを決定したことの方が歴史的な決定ですね。無理な政策です。

日本では子どもを何人持つかということは、個人の問題になっていて、国が子どもの数を決めることがぴんと来ません。

以前、中国の方に、「兄弟何人ですか?」と聞いて、聞いた後にはっとしたことがあります。
ふつうだったら、いないに決まっている・・・

地方では女の子に比べて男の子が多い。それは、男の子の方が家計の助けになるから、女の子が生まれたら殺してしまう・・
ずっと前にそんなことも聞いていたけれど・・・

いまになって、労働力の不足や社会保障費の問題が出てきて、それでは方向転換。
それでも二人まで、なんですね。

社会を維持するために、国政があって、時の政治家が国の方向性を決めるけれど、その効果(? 影響?)がでるのはずっと後になってから。少数の人間が、一国の方向性を決めてしまうという事実はとても怖いですね。

それはそうと、その政策がまずいと気がついたときに方向転換の決断できるか?

悪い影響が出ていたら、当然、しなければならないのだけれど、政治家の政治生命はそれほど長いものではない。

だから、自分が引退したあとまでは考えないよと先送りもできる。
それをずっと繰り返しているのが、日本かな・・・

中国・・・最近の日本では、問題点が多く報じられているけれど、それでも重大なことをきちんと決められるんだから、どこかの国よりいいんじゃないでしょうか。

« 「購買データ提供し新商品」日経新聞2013年11月10日(日)朝刊 | トップページ | 「幼稚園も長時間保育を 待機児童解消の切り札に」西日本新聞2013.11.17(日)朝刊 »

○ 環境・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/53953664

この記事へのトラックバック一覧です: 「中国、一人っ子政策転換」日経新聞2013.11.16(土)朝刊:

« 「購買データ提供し新商品」日経新聞2013年11月10日(日)朝刊 | トップページ | 「幼稚園も長時間保育を 待機児童解消の切り札に」西日本新聞2013.11.17(日)朝刊 »