« 「幼稚園も長時間保育を 待機児童解消の切り札に」西日本新聞2013.11.17(日)朝刊 | トップページ | 女性の活躍が必要なのは、女性らしさが必要じゃなくて多様性が必要なのだと・・ »

2013年11月24日 (日)

社会貢献の気持ちを失わせる「権威」

このブログが滞っているので、すでにお気づきかと思いますが、「社会貢献」に興味を失いつつあります。

括弧をつけているとおり、社会に貢献するということ自体はいまでも関心があって、というより人が生きていく上で、必ず社会への貢献はすべし・・というか、誰であったも形は違えどしていて、できれば自分も自分の能力を最大限活かして、社会にプラスの貢献をしたいと日々考えています。

ですので、関心を失っているのは、「社会貢献活動」とか「NPO活動」とか言われるもの。
かつて日本にはボランティア活動の土壌がないなどと言われていましたが、阪神淡路大震災以降、数々の自然災害やその他無償の活動が求められる際、あらゆるところから志ある人が集まって、応援をするのが普通の光景になっています。

制度の整備も進みや海外事情も紹介され、社会貢献活動が、何か特別なものとして定着してしまった感じを受けます。

そうするといまや長期間あるいは深く活動をしている方がいて、自分の周りの「地域」ぐらいのレベルでみるとその方々が大きな発言権を持っていて、新参者やパートタイム社会貢献派は活動しづらい。

崇高な志で、普通の人は真似ができないくらい深い活動をされていて、それで社会が変わっていくのだろうけれど、

「社会貢献」あるいは「NPO活動」が何か特定の人だけのものとなってしまったようです。
それからさらに・・・

それに類した話で、長年ボランティアに近い形で活動をされてきて、その功績を国や自治体が表彰したり、紹介したりします。

それでその活動をしている方が、どこどこの自治体から○○の表彰を受けて・・・とお話をされていて・・・

とかくボランティアというと、ちゃんとやってくれるかと疑いの目で見られることもあるようで、それで自分たちは大丈夫です、実績がありますということを伝えていただいているんだとは思うんですが・・

私のように素直じゃない人間はなんとなく自慢をされているようで、そうするとまたまた何のために活動をするのか?という疑問が出てきてしまうのです。

ということで、結局は人間息をしている限り、社会に何らかの影響を及ぼしていて、社会を良くしていこうと思っていれば、それでいいのではないかと・・・

自分の生活のためだけれど、企業で働いて人が便利に過ごせるものを作るとか、売るとか、あるいはそのバックヤードを務めるとか。

あるいは自分の子どもを育てているだけなんだけれど、その子が大きくなってやがては社会を支えるとか。
そんな生活を送りながら、ふと自分に与えられた役割を超えて、困っている人を助けるとか、大仰に構えずに自然体でできたら、それでいいんじゃないかと考えます。

« 「幼稚園も長時間保育を 待機児童解消の切り札に」西日本新聞2013.11.17(日)朝刊 | トップページ | 女性の活躍が必要なのは、女性らしさが必要じゃなくて多様性が必要なのだと・・ »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/54039204

この記事へのトラックバック一覧です: 社会貢献の気持ちを失わせる「権威」:

« 「幼稚園も長時間保育を 待機児童解消の切り札に」西日本新聞2013.11.17(日)朝刊 | トップページ | 女性の活躍が必要なのは、女性らしさが必要じゃなくて多様性が必要なのだと・・ »