« 地域目線 | トップページ | 「「最後の天井」米が挑む Wの未来 やればできる⑤」2014.1.19日本経済新聞朝刊 »

2014年1月18日 (土)

「紙」面

日経新聞を購読していない実家に帰っていたので、日経新聞は電子版で読んでいました。

それで十分なはずですが、新聞紙面を見ないとどうも落ち着かない、ニュースの大小とかの位置がよくわからないというのは年齢のせいでしょうか?

家に帰ってきて紙面を見て、あれも気になるこれも気になると大きな新聞紙をバッサバッサめくってニュースを実感(笑)していますが、タブレット上の新聞の方が感覚がつかみやすいという方もいらっしゃるんでしょうね?

さて、2014年1月18日土曜日、今日の日経新聞の朝刊で気になったのは、

一面の「外国人の就労拡大検討」

同じく一面こちらは連載ですが、「Wの未来 787万人の潜在力」

十三面 「SNS「終活」のススメ」

この3つのうち、目新しいのはSNSの終活

亡くなった方がSNSを利用していた場合、それがネット上に置き去りにされていて、それをどうするかの話です。

生前の活動がそのまま見れますから、家族がそれをそのまま残したいと思う場合もある。
しかし、その場合、故人の遺志は?

家族であっても見てもらいたくないと思っていたかもしれないし。

遺族が削除依頼を出しても、なりすましのいたずらの可能性もあるし、本当に本人が亡くなっているかどうか手続きが煩雑になっていることなどが記事にあります。
申請を出す方はまだまだ少ないそうですが、高齢者のSNS利用はまだ少ないでしょうから、今後SNSユーザーが高齢化するに従い、大きな話題になるんでしょうね。

気になった記事の話になってしまいましたが、本や雑誌、そして新聞の電子化はこれからますます進みます。

紙の活字と電子化された活字、読む人の与える影響が違うようなことが言われているような気がしますが、既得権益を持つ方々の抵抗なのか、本当に違う影響を及ぼすのか、気になるところです。

« 地域目線 | トップページ | 「「最後の天井」米が挑む Wの未来 やればできる⑤」2014.1.19日本経済新聞朝刊 »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/54657144

この記事へのトラックバック一覧です: 「紙」面:

« 地域目線 | トップページ | 「「最後の天井」米が挑む Wの未来 やればできる⑤」2014.1.19日本経済新聞朝刊 »