« 「金融機関、高齢客サポート」2014.1.13日経新聞朝刊 | トップページ | 「茜色の空 鉄人政治家・大平正芳の生涯」辻井喬著 »

2014年1月14日 (火)

すっかりシニア目線になっている・・・

人気ブロガーChikirinさんの「「Chikirinの日記」の育て方」という本を読んで、しばらくぶりにChikirinさんのブログを見ていたら

「メディアのシニアシフトいよいよ」という記事を見つけました。

日本のテレビ、新聞などメディアがシニア向けの情報ばかりという話ですが、これを読んでぞっとしたのが、

自分の発想が高齢者目線になっていること。

自分の情報源がテレビや新聞で、それで発想していると自然とその内容の傾向に引きずられていて、それに気がついていない。

バイヤスがかかっているんですね。

それを修正するためにはどうするか?

メディアのシニア情報については、自分は高齢者とは言わないまでも間違いなく中高年で、まさにメディアが対象とする年代でその領域に関心があるし、バイヤスがかからないために若者情報を・・なんていっても興味がないことに無理やり関心を向け辛い。

自分はもうどうしようもないから、若い人に任せる?

それだと若い人が少なくて、結局は高齢者の意見が通ってしまうってことになりかねないから、やっぱり年齢を超えた発想を身につけた高齢の異端者が居たほうがいい。
どうやって年齢を超えて関心を広げられるか? いまはちょっとわからないです・・・

でも、Chikirinさんの日記を読んで、ぎょぎょっとして、いまこういうことを考えているわけだから、自分とは接点の少ない世界をたまにのぞいてみるっていうのがいいのかもしれませんね。

これだとあまりにも平凡? もう少し考えてみます。。。

« 「金融機関、高齢客サポート」2014.1.13日経新聞朝刊 | トップページ | 「茜色の空 鉄人政治家・大平正芳の生涯」辻井喬著 »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/54600641

この記事へのトラックバック一覧です: すっかりシニア目線になっている・・・:

« 「金融機関、高齢客サポート」2014.1.13日経新聞朝刊 | トップページ | 「茜色の空 鉄人政治家・大平正芳の生涯」辻井喬著 »