« 「プレゼン授業、生徒は真剣 」2014.2.7日本経済新聞夕刊 | トップページ | 「保育士の増員先送り検討」2014.2.14日本経済新聞朝刊 »

2014年2月11日 (火)

自動車ディーラーの対応に?を感じて横浜市長 林文子氏の著書を読む

自動車のディーラー回りをして、営業の方の対応にそれでいいの?と疑問を持ったので、かつてホンダやBMWの営業でスバ抜けた成績を上げられた現横浜市長の林文子氏の本を読んでみました。

まず「しなやかな仕事術」を読んでとても共感したので、最初の著書「失礼ながら、その売り方ではモノは売れません」を読んで、それから市長になってからの「共感する力」を読んでいますが、さすがに3冊目になるとかなりペースが落ちています。

ともかくも書いていることを自分なりに書き出すと

徹底して自分が思ったことをまず実行してみること
足で稼ぐ、いわゆる現場を大切にすること
お客様を第一に考えること
社員をやる気にさせること、ほめること
仕事以外の幅を広げることが仕事に役立つこと

こうして並べて書くとどれも当たり前で、どこにでも書いてありそうなことなのですが、それが自分の経験から出てきていることなのが、すごいところです。

最初に読んだからかもしれませんが、「しなやかな仕事術」が一番面白くて、これから働こうと思っている方、特にいったん仕事を辞めて再就職を目指している女性の方に読んでもらいたいなあと思っています。

仕事って、お金のためではなく、自分が満足するためにするんだなあって素直に納得できました。

自分の仕事が周りからすごいと評価されるものでなくても、仕事をしていればだれかの役に立っている。

そんな風に考えられるようになるまで、どれくらい苦労をされたんだろうなんて想像して読みました。
男女にかかわらず仕事って何なんだろうって考えている時に読んでみるとヒントが得られるんじゃないかと思います。

« 「プレゼン授業、生徒は真剣 」2014.2.7日本経済新聞夕刊 | トップページ | 「保育士の増員先送り検討」2014.2.14日本経済新聞朝刊 »

ナカキラ的読書記録、参考本・参考資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/54957389

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車ディーラーの対応に?を感じて横浜市長 林文子氏の著書を読む:

« 「プレゼン授業、生徒は真剣 」2014.2.7日本経済新聞夕刊 | トップページ | 「保育士の増員先送り検討」2014.2.14日本経済新聞朝刊 »