« 「食卓ルネサンス」日経ビジネス2014.3.24号 | トップページ | 消費税、今日から8% »

2014年3月27日 (木)

公務~自分の名前で仕事が出来ないか?

国、地域の方の生活を幅広く支えている公務。その公務が昔と比べると大きく変わっていますよね。

以前は膨大な法律に基づき、粛々と業務を行っていればよかった。

機関委任事務なんて言葉があった時代、いまやこの言葉をリアルに知る人も少なくなっているかもしれませんが、国から県、市町村へと指示が下りてきて、それをこなしさえすればよかった。

しかし、いまやそういう制度もなくなったし(実質的には財政という方法で国がしっかり地方をおさえていますが)、ニーズが多様化して、国が指示を出してくれるのをまっていたら、手遅れになることも。

ですからそれぞれの自治体がやっていることが違う。

頑張っている自治体とそうではない自治体。

意識の高い職員がいる組織とそうではない組織。全然違う。

だから頑張っていた首長が替わったり、もっと小さくは職員が替わってしまうと以前のレベルを保てなくなってしまいます。

首長はともかくとして、公務員は組織で仕事をしていて、個人の名前を出すわけではないから、地域の一般の方にとってはなぜサービスが変わってしまうのかがわからない。

そんな現状を見ていると、そろそろ公務員もきちんと個人の名前で仕事をしてもいいんじゃないかと思ってしまいます。

担当者であっても自分の名前を出して責任を持って仕事をする。

責任が発生するけれど、いい仕事をしている個人は名前を知られてどこでも仕事が出来るようになる。

実際、業界(?)で、既に名を知られている方、本まで出している方なんているけれど、もっと普通の公務員も自分の仕事を外に見せてもいいんじゃないかって感じています。

ついで・・こんな話を書くと個人が変わっても仕事が引き継がれるようにして、レベルを落とさないのが公務だっと言われるのはわかっていますが・・

« 「食卓ルネサンス」日経ビジネス2014.3.24号 | トップページ | 消費税、今日から8% »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/55532741

この記事へのトラックバック一覧です: 公務~自分の名前で仕事が出来ないか?:

« 「食卓ルネサンス」日経ビジネス2014.3.24号 | トップページ | 消費税、今日から8% »