« 「2014年「女性が活躍する会社」ランキング」2014.4.21日経ビジネス | トップページ | 「人口 50年後に1億人維持」 2014.5.4 日経新聞朝刊 »

2014年4月29日 (火)

主張の立ち位置を理解する

女性の活躍が日本の世の中で推進されているので、女性が働く意味は何か、女性は(外に出て)働くべきか等々を自分なりに考えています。

このテーマは既存の考え、権威ある考えにとらわれずにしっかり考えて、自分なりに納得できる答えを出したいと思っています。

ということで、まずはいろいろ本を読んでみようと思い、本棚の中から「男女同権は女性を幸福にしない」という本を読んでみました。

2009年3月に出版された本ですので、『女性の活躍推進』ではなく、『男女共同参画社会』を取り上げた本ですが、本の帯に『「男女共同参画社会」=「一億総働きバチ社会」の下では、女性は安心して子供を産めません。』とあります。

子育ては次世代を育てる大切な仕事(あんまり適切じゃないですかね~「営み」なんて言葉がいいかな?)で、子がだんだん成長していくのをずっとそばで見ていることってものすごく意義があることなのに、それを保 育園など人様にお願いしてでもなんで働きに出るのか?

自分自身がなんで働いてきたか?

なんてことをずっと考えていますので、この本で取り上げていること一つひとつ、例えば序章「格差をつくったのは誰か」とか、第一章「「いのち」が尊重されない社会」とか、そうだなこんな視点からも考えてみない といけないなあと思うけれど、極端な例が取り上げてあって、それってほんの一部の話じゃないのかなあってこの本の主張はあんまり参考になりませんでした。

全体的に感情論になっている気もするし、そもそも著者が研究家、評論家として世間で活躍している人で、その人が女性は家庭を守って、子を育てよって言っても・・どのくらい考えてこの本書いたのかなあってがっか りしてしまいます。

多くの人がなぜ子育て=人育てという大事業よりも会社で働くことを望むのか?

経済的な理由? 自己実現? なぜ? なぜ?

惹きつけるものがあるから、多くの女性が働きたいと思うようになる。それは何か?

自分には、まだ何にもわかりません。

でもこの本を読んでわかったことがあります。

主張の立ち位置をしっかり理解して自分の主張をしないといけないこと。

政府が女性の活躍と言って女性の就労を支援しているのは、将来労働力が不足するから。

日本の労働力人口がどんどん減っていく中で、日本の国を預かる政府が、女性を労働力として活用したいと考えるのは、当然の選択。

政府という立ち位置からはその選択しかないから、そうしましょうと言っている。

それを家族の立場(視点)から、子育てができないから働くのはちょっと考えましょう・・と言っても・・・

それは国は女性の就労を促進しているけれど、我が家では子どもが小さいからまずは子育てに専念するわ、とか私は仕事も育児・家事もできそうだから働くわ など個人の問題

要は国は国、自分たちの生活は自分たちの生活って冷静に考えればいい話。

国(政府)の立場で考えるべきことと個人の立場で考えるべきこと、それは・・当たり前だけど別物。

それがごっちゃになってしまうとわけのわからない議論になってしまいます。

なにか意見なり主張があって、それに対して意見を言いたいなって思ったときに、まずはこれはどういう立場の人が発した意見あるいは主張なのかを考えて、それなら理解ができるなのか、それでもこんな問題点がある んじゃないのかなって考えていく。

意見や主張に反論したいときに、その意見や主張をしている人の立ち位置を理解しておかないと議論の焦点が絞られていないわけのわかんない反論になってしまうんじゃないかな。

« 「2014年「女性が活躍する会社」ランキング」2014.4.21日経ビジネス | トップページ | 「人口 50年後に1億人維持」 2014.5.4 日経新聞朝刊 »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/55990537

この記事へのトラックバック一覧です: 主張の立ち位置を理解する:

« 「2014年「女性が活躍する会社」ランキング」2014.4.21日経ビジネス | トップページ | 「人口 50年後に1億人維持」 2014.5.4 日経新聞朝刊 »