« 消費税、今日から8% | トップページ | ブログを書く意味~「賢者のリーダーシップ」遠藤功著 を読んで »

2014年4月 5日 (土)

リーダーの説明責任と部下の洞察力

人事異動の季節です。お恥ずかしい話を1つ。

私の事務所で起こったことなんですが、年度初めは業務分担を見直すことになっておりまして、今年も例年通りそれが行われました。

これはだいたいトップとナンバー2で決めていくんですが、その手続きがまずかったのでしょう、部下が反乱を起こしてしまいました。
例年に比べて、個人への説明が不足しているんじゃないかなと感じていましたが、全容が見えているわけではなかったので、大丈夫だろうとトップ、ナンバー2にお任せ(ちょっと不遜な言い方でごめんなさい)していました。

また、他のメンバーに対しては、恒例のことで当然行われることだから、自分たちの方から事前にできることはやるはずだとも思っていました。
高齢もとい円熟職場で皆さんそれ相応の見識もありますから、役職じゃないとしても今年一年業務を円滑に行うためにやるべきことはやるものだと。

ところが、トップ二人が業務分担を決めて正式に発表した後、不満が出てしまいました。

いかに内部のこととは言え、組織が正式決定を発表した後に撤回はなかなか難しいものです。
それをあえて求める部下たち。

そのやり取りは、げんなりするくらいお粗末だったので、そこは省略します。
しかし、その過程で当たり前の教訓を得ました。

リーダーは十分説明を行うべきこと。
後で聞いたところによると大きく業務を変える方には十分にヒヤリングを行ったそうですが、あまり業務を変えるつもりのない方には特に意見を聞かなかったとのこと。

自分の業務が変わらなくても影響ある場合がありますから、やっぱり説明が不足していた感はあります。

それから、部下は部下でリーダーが行動をする前に予想される事態を想定して、動くべきこと。

今回自分の立場はトップに近いところで、事前にいろいろ意見を求められており、トップ側で混乱を納めないといけない立場でした。

ですから決定に異議を唱えた皆さんに対し、当然予見されることをなぜ何も動かず傍観していたか、トップの責任を問う前に自分たちの行動を振り返るべきことを伝えました。

反論はありませんでしたが、私の意見が理解されているふうでもありませんでした。
そこは残念ですが、自分が間違っているとは思いません。

上司から命ぜられることがそれほど間違っていなければ、それに従っていればいい。上司の指示を待てばよい。
そんな仕事のやり方はもうかなり以前になくなっていると思っています。

どんな業務であろうが、自分で考えて自律的に行動していく。そんな働き方が必要になっています。
それをやるために上司はできる限り組織内に情報を提供していく、そして部下は敏感に情報を集めて自分なりに考え、行動に移していく。

つまらぬゴタゴタを通じて、リーダーの説明責任と部下の洞察力さらに言えば行動力、組織に不可欠だとあらためて理解いたしました。

« 消費税、今日から8% | トップページ | ブログを書く意味~「賢者のリーダーシップ」遠藤功著 を読んで »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/55656705

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーの説明責任と部下の洞察力:

« 消費税、今日から8% | トップページ | ブログを書く意味~「賢者のリーダーシップ」遠藤功著 を読んで »