« 採算が取れないサービスはなくなる | トップページ | 「放課後教室を倍増~政府が子育て支援案、女性の就労促す」日経新聞2014.5.29朝刊 »

2014年5月31日 (土)

新たな知に触れていたい

2年目に入った担当業務で、担当者が変わっても一定のサービスが提供できるように仕組みづくりを考えています。

通常、人事異動の際は前任者が引継書を作って、それに基づき残っている他メンバーと業務を行っていくのですが(だいたいどこもそうかな・・)、一つの業務に携わる人員が減っていて、一度にみんな替わってしまって残っているのは引継書だけであったり、人が残っていてもどうもうまく仕事をこなしてくれない方が残っていたりするとせっかくやってきたことが無駄になってしまいます。

自分の責任は自分が携わった期間だけ、やるだけやったから後は後の人に任せればいい。


いまは大丈夫?後のことを考える余裕あるの?って言われそうですが、やっぱりきっちりした仕組みを作りたい。

・・・なんてことを考えて仕事をしているとそのあとでパソコンに向かってブログを書くだけのパワーがでなくなっています。

ということで以上、ブログを書いていない長い言い訳

言い訳ではありますが、話は若干続いておりまして、仕組み作りを考える中で関係ありそうな本をバラバラ読んでいます。

業務に従事するメンバーが、自律的に業務を考えていく、メンバーが与えられたものをこなすことで良しとしないようになるためにはどうしたらいいか?

そのような組織になるためにはどうしたら・・とピーター・M・センゲ氏の「学習する組織」を読んでみたり、役に立つ経営理論がないかと三谷宏治氏の「経営戦略全史」や入山章栄氏の「世界の経営学者はいま何を考えているのか」を読んだり・・

まあそんな?って言われるくらい読んでる本が大げさかもしれませんが・・

それでもちろん仕組みづくりのヒントに直接結びつくような話にはなりませんでしたが、このような本を読む中で、あるいは関連してネットでいろいろ読む中で、いまの世の中が本当に大きく動いているんだなあって、頭で理解するというよりは皮膚で感じるようなそんな感覚を味わいました。

どこかで「産業革命以上の変化」という表現を見ましたが、そうなんだろうなと思います。
しかし、それが普通に生活しているだけでは見えない。

その変化はいろんな情報を集めて、それを自分なりに理解して初めて感じるもののような・・

だからより多くの情報に触れている人ほど変化が見える。

より優れた分析力を持つ人ほど変化が見える。

情報を集める時間があって、柔軟な思考ができて、そして何よりも変化の影響を直接受けてしまう若い人たちは、新しい社会に向かって既に行動している。
年寄りは今どきの若いものはなんて言っているけれど・・
若者は違う世界を見ている
そんな気がしました。
どんどん新しい知が生まれて、どんどん世界を変えていく。

そうであるなら、限られた時間と限られた頭脳しかないけれど、知の最先端に触れていたい。そう思います。

過去を悔やんでもしょうがないけれど、自分にはこれからの社会の変化の一部分しか見えない、なんで若い時、時間がある時に、もう少し頭を鍛えなかったかと残念に思ってます。

« 採算が取れないサービスはなくなる | トップページ | 「放課後教室を倍増~政府が子育て支援案、女性の就労促す」日経新聞2014.5.29朝刊 »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/56367872

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな知に触れていたい:

« 採算が取れないサービスはなくなる | トップページ | 「放課後教室を倍増~政府が子育て支援案、女性の就労促す」日経新聞2014.5.29朝刊 »