« 「ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊」出口治明著 | トップページ | 「賢人の警鐘」ライフネット生命保険CEO 出口治明氏 2014.6.30日経ビジネス »

2014年6月23日 (月)

「「分権・自立」に地方自治法の抜本改革が必要」上山信一慶応義塾大学教授 月刊ガバナンス6月号

月刊ガバナンスという業界(?)雑誌から、地方分権についての慶応義塾大学の上山教授の記事にそうだなあと思ったのでクリップします。

☆分権改革について

『規制改革や「官から民へ」「国から地方へ」など改革を象徴するキーワードは多いが、何が一番重要かというと、私は「分権・自立」だと思う。「分権・自立」さえすれば、規制改革も「官から民へ」という流れも進むからだ。
ただし何でも規制緩和し、「官から民へ」移すことには必ずしも賛成ではない。そういう意味では、私は市場原理主義者とはかなり違っていて、ケースバイケース主義者だ。要はTPOによって違うということだが、中央集権ではケースバイケースの判断は無理だ。規制にしろ民営化にしろ中央発でできるわけがない。』

上山教授は現在は大阪維新に関わっておられますが、過去にいくつもの組織改革、特に自治体、公的機関の改革に関わっておられます。

以前に何回か講義を拝聴いたしましたが、自治体改革に取り組み始められた頃は割と規制緩和や「官から民へ」という考え方が強いと感じておりました。しかし、何年か経つうちにそれだけでは駄目だというような発言をされるようになったように思います。

公的な部門について、民間の論理でできるならば民間は強くそれを望んでいてもっと早くに公的機関は役割を終えているはずですが、公的部門には民間が魅力を感じないところがたくさんあります。やらなければいけないけれど、市場の片理に乗らないから公的部門がやっている。だからと言って非効率であっていいとは思わないし、切り分けをして民間ができるところは民間にお願いすべきですが、上山教授も仰るようにケースバイケースで考えることが大事だと思います。

☆画一性は都市と真逆の概念

『全国一律ではなく地域性とか多様性が大事とよく言われるが、最も重要なのは、都市とその他の状況がものすごく違ってきていることだ。都市には生産性の高い人や企業が集まって仕事をしており、競争も激しく、物価も高い。そして都市は基本的に規制を嫌う。

経済のグローバル化が進み、一次産品よりもサービス業やソフトウェアが富の源泉となっている。都市は、グローバル経済とつながってニューヨークやパリと同じような仕事を同じようなスタイルでやってお金を稼いでいかなければならない。世界の一流都市のレベルに日本の都市を合わせる必要がある。これは、好き嫌いの話ではなく、世界の先端レベルに合わせなければ外貨が稼げないということ。日本の場合は石油と食料は相当輸入しないといけないので、外貨を稼ぐタイプの「都市型民族」が一定数は国内にいなければ国としてやっていけない。

だから都市に関しては、個人がかなり自由闊達にやりたいことができる社会をつくらなければいけない。全部の地域がシリコンバレーを目指す必要は全くない。
ただある程度の規模の都市、つまり政令指定都市クラスは国際競争に耐えられるようなライフスタイルや教育、規制緩和を進めないと残りの地方を支えられない。政令指定都市クラスは切磋琢磨して、残りはのんびりしていて何も構わない。アメリカやフランスも都市以外の地域は、のんびりやっている。両方の組み合わせが必要だ。

ところが日本は全国一律で発展させる主義。政府は都市の特殊性を全く理解していない。基本的に田舎から集まってきた人が東京というまちをつくっている。国の政策は田舎者の発想で全国を都会にしようという政策が多い。』

都市とその他の地域は違う。それを聞いて腑に落ちましたし、救われたような感覚があります。

ここでも言われているように何でも、どこでも都会のように発展しなければいけないと思うと絶対無理という地域が出てきて、それでもやらなければいけないのかなあ、無駄なことをやっているんじゃないかと思っていました。割り切っていいんですね。
地域の方が頑張っている地域では、都会になろうとは全く思っておらず、この地域はこの地域の良さで勝負していくという発想ですので、こういう考え方をしなくても、地域の方では、自然と都会は都会、その他の地域はその他の地域になっていくように思われます。問題は逆に東京以外の都会、いわゆる政令都市クラスが都会として機能するように発展しなければならない方かもしれません。

☆改革を前に進めるために首長や職人に向けてのメッセージ

『自分たちの地域のビジネスモデル、自立して食っていける仕組みを必死で考えるということではないか。どうやったら若者たちが地元の高校を卒業した後も地元で暮らしていこう、あるいは、東京に1回行っても地元に戻ってくるかを考える。それは地元の人が必死になって考えるしかない。』

国が権限を離さない、お金がないっていう前にできることをして行きたい。実際やっている地域がありますから、『必死で考える』・・必死で考えて必死にできることをやりたいですね。

« 「ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊」出口治明著 | トップページ | 「賢人の警鐘」ライフネット生命保険CEO 出口治明氏 2014.6.30日経ビジネス »

ナカキラ的読書記録、参考本・参考資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/56583661

この記事へのトラックバック一覧です: 「「分権・自立」に地方自治法の抜本改革が必要」上山信一慶応義塾大学教授 月刊ガバナンス6月号 :

« 「ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊」出口治明著 | トップページ | 「賢人の警鐘」ライフネット生命保険CEO 出口治明氏 2014.6.30日経ビジネス »