« 「農地集積バンク 始動  耕作放棄地の拡大防止 貸し借り仲介、成長促す」2014.7.21日経新聞朝刊 | トップページ | 意志力は筋力と似ているのか~ »

2014年7月26日 (土)

「里山資本主義」藻谷浩介、NHK広島取材班著

藻谷浩介氏とNHK広島取材班の「里山資本主義」を遅ればせながら、読んでみました。

ずっと地域にいる自分から見るとここに書かれていることは地域がずっと以前からやってきたことかなとあまり新鮮味がありませんでした。

ある地域に志の高い方がいて、自分のためだけでなく地域の発展を考えた事業を始める。

それが成功すると全国からどっと視察が押し寄せて、全国津々浦々ちょっとだけその地域のアイディアを入れて同じようなことをやってみる。

そうして鳴かず飛ばずの成果が出ればいい方・・

地方が日本経済が上手くいかなく前から、自地域の落ち込みを解消すべくいろんなことをやってきました。

最初に何かを始める志高い方々は、本当に大切なモノは何かを考え、お金だけでは評価できないものがあることを知っています。

確かにいま地域では志高い人が増え、その方々が取り組んでいることをみれば地域がいい方向に向かっているような気がします。

しかし、そこに住む人の多くをその取り組みに参加させるのは難しいです。

地域の資源を活かせるアイディアが出てきても、それを実際に事業化するまでの努力が必要です。

成功事例はやはりそれに取り組む人の熱い想いがあるから成功したんだと思います。

地方に住む人みんなが危機感を持っているわけではありません。

そんな人たちをどう取り込むのか?

人生の価値はお金だけじゃない・・そのことがわかっていなければ、成功した仕組みを真似する人たちは、お金を稼ぐ仕組みとしてそれを取り入れようとします。

周りが自然に囲まれている地域は都市とは違うやり方で、生活をしていかなければならないし、いままで見過ごしてきた自然が大きな価値を持っていることに気がつかないといけないと思います。

お金をたくさん稼いで、高級品、ぜいたく品にたくさんお金を使ってもそれほど幸せじゃない。もっと違う幸せがあると思います。

この本で語られる価値観に異論はありませんが・・・

自然を相手にした生産活動の大変さ、その地域独特の雰囲気・・・多くの人がなぜその地域を捨てて、都会に出て行ったか? 仕事がなかったからだけなのか?

この本に描かれていることが、成功事例のほんの一部を切り取ったもの、とても美化されたもののように感じて、すんなり受け入れることができませんでした。

今後、日本の中で普通の人が生活していくためには、それぞれが住む地域の良さを見直し、それを最大限活用していくことしかないだろうとは思いますし、それがこの本に書かれていることだろうと思いますが、自分が感じるこの後味の悪さはなんなんでしょうか・・
 

« 「農地集積バンク 始動  耕作放棄地の拡大防止 貸し借り仲介、成長促す」2014.7.21日経新聞朝刊 | トップページ | 意志力は筋力と似ているのか~ »

ナカキラ的読書記録、参考本・参考資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/56905308

この記事へのトラックバック一覧です: 「里山資本主義」藻谷浩介、NHK広島取材班著:

« 「農地集積バンク 始動  耕作放棄地の拡大防止 貸し借り仲介、成長促す」2014.7.21日経新聞朝刊 | トップページ | 意志力は筋力と似ているのか~ »