« 「賢人の警鐘」ライフネット生命保険CEO 出口治明氏 2014.6.30日経ビジネス | トップページ | 「だまされない 安斎育郎さんに聞く 科学的な見方磨こう、考え行動する人に」日経新聞2014.7.5(夕刊) »

2014年7月 5日 (土)

もう少し考えようか・・ちょっと限界

今日は愚痴です、あらかじめ言っておきます。

モチベーションが大幅に落ちています。ほとんど底、ゼロレベルです。


1 組織トップが機能していない


年功序列の組織において、採用してしまったものはある程度の年齢になれば、それなりのポストにつけなければならない。

仕事の評価基準が明確ではない、あるいは評価そのものが緩い組織ではトップの器ではないものがトップについてしまう。

自分が何をしたいかわからない、組織全体の責任者であることを理解できない(故意に理解していないふりをしているのかもしれませんが)。

リーダーシップを発揮しない・・なんてものではなくてリーダーシップという概念がそもそもないんじゃないか?

それじゃ組織が機能しない。

下にいるものがいくらがんばってもトップの代わりはできませんから、モチベーション下がるばかり。


2 世相に流されて、自分で考えていないんじゃないですか?


女性の活躍推進が連日メディアを通じて流れます。連呼されます。

保育園の待機児童の問題が大きくクローズアップされます。

子育て中の女性が「自分も働かなくっちゃ」と焦ります。

そして、公的な就職支援機関に出かけます。


ちょっと待って! 本当にそれでいいんですか?

希望する仕事は「パートタイム」・・・本当にその収入は必要ですか?
保育料を払って働くのに見合う収入が得られますか?

何よりも本当にあなたは今働きたいですか?

働かないとお金は得られません。お金がないといまの日本の社会では暮らせません。

でも家事や子育ても・・その家族にとってだけでなく、社会にとってもなくてはならない労働だと思います。

自分はいま何をしたいか? 

時流に流されていませんか?

そんなことを問いかけてみたいのですが、来るもの拒めず、いえどちらかというととにかくみなさん働いてみましょう!!って言っている自分がいやですね~


いま感じるのは・・・

短期的に見ると社会にとってあまり好まれないことが実は本当は必要じゃないかということとか、政治家や経営者の方々、いわゆる国を動かしている人たちの言っていることが、一人ひとりの生活から見ると好ましくないことであったりとか・・・

本当に大切な自分にとって大切なモノは、自分で嫌というほど考えてみないとわからないんじゃないかな。。。

« 「賢人の警鐘」ライフネット生命保険CEO 出口治明氏 2014.6.30日経ビジネス | トップページ | 「だまされない 安斎育郎さんに聞く 科学的な見方磨こう、考え行動する人に」日経新聞2014.7.5(夕刊) »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/56703554

この記事へのトラックバック一覧です: もう少し考えようか・・ちょっと限界:

« 「賢人の警鐘」ライフネット生命保険CEO 出口治明氏 2014.6.30日経ビジネス | トップページ | 「だまされない 安斎育郎さんに聞く 科学的な見方磨こう、考え行動する人に」日経新聞2014.7.5(夕刊) »