« 「平常心があれば集中力は生まれる」順天堂大学教授 天野篤氏 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー9月号 | トップページ | 女性の再就職に関わる自分の仕事にまつわる話 »

2014年8月13日 (水)

「女性支援に「早い選抜」を」大湾秀雄東京大学教授、2014.8.13日本経済新聞朝刊

今日の日経朝刊の経済教室は、女性の活躍支援に関する東京大学大湾教授の記事です。何をすべきかがわかりやすくまとめられていましたので、クリップしました。

社会進出を阻む3つの制度的要素

日本の女性の社会進出を阻む制度的要素は3つある。

まず
長時間労働の規範である。能力の高い人が働き盛りに長時間働くことは社会に利益をもたらす。しかし日本企業では就業時間外の調整業務が安易に許され、しばしば優先順位が不明確なまま業務指示が与えられる。そのため末端の社員が生産性や希望にかかわりなく残業を強いられる。

2つめの問題は、
日本企業に特徴的な「遅い昇進」制度である。管理職の選抜時期が遅く、その過程で長時間労働の代償が高い人があきらめて脱落する。女性の場合、昇進後に出産すれば高い給料で家事補助サービスなどを利用できるが、現状は「遅い昇進」制度の下、高齢出産リスクを考え、多くが管理職昇進前に出産する。

3つめの問題は、
女性が家庭内労働に専業し夫は会社に尽くすという家庭内分業の社会的規範だ。その結果、働く女性には家事・育児の負担が集中し疲弊してしまう。』

この3つは互いに誘因を強めていて、一つだけを是正するのが難しいので3つを同時に動かす必要があるそうです。

『筆者らによる最近の研究は、この3つの制度的要素が補完性を有し、互いに誘因を強めていることを示している。すなわち、長時間労働の規範は、男女の偏った家庭内分業を合理的な選択とし、それによる男性の長時間労働のコストの低下は、遅い昇進を企業の効率的な選択としている。従って、どれか一つだけを是正するのは難しく、女性の活躍を支援するには、3つを同時に動かす必要がある。』


女性の活躍の場が広がることで得られるもの

『その推進には、女性の活躍の場が拡大する過程で、長期的には日本の生産性を押し上げ、経済的恩恵が広がるという認識が共有される必要がある。その最大の果実は、非効率な労働時間を是正し、高い潜在能力を持ちながら退蔵されている女性を活用することで得られる。
もう1つ重要な効果は、男性と女性の能力、行動様式、情報源が異なることがもたらす効果である。多様な能力や情報をもとにした意思決定と情報共有、役割分担を通じ生産性拡大が可能となる。』

例示として

『認知能力では相対的に男性は分析力、問題解決能力にたけ、女性は言語能力(読解力、表現力)にたけていることが広く知られる。』


『性格や行動様式が男女で異なることも社会心理学や実験経済学などが示している。例えば女性は、相手の感情に敏感で協調性や利他性が高く、特定グループへの帰属意識も低い。こうした行動様式と高いコミュニケーション能力は調整業務に向いている。男性は自信過剰に陥る傾向が多くの実験で確認されており、女性が意思決定に加わることで、誤った判断が減ることが期待される。』
・・・男女の違い、感覚的にもわかります。


短期的デメリット

『しかしジェンダー・ダイバーシティ(性別多様性)は、様々なあつれきやコミュニケーションの低下を通じ、短期的には職場の機能を低下させ得ることも分かっている。』

短期的な問題があるので、3つの問題の是正よりも優先して取り組むことも書かれています。


『女性の登用が負の効果を生まないよう、短期的には前述の3つの問題の是正よりも、ダイバーシティ推進への理解を高め、ロールモデルを作ることに注力することも必要となろう。現在、大卒女性や管理職女性が多い職場は専門職が中心で、他部署との調整業務は限定的である。女性だけのチームを作る企業もある。こうした取り組みは、副作用が小さい分、限定的な効果しか期待できない。』


『今後進むべき第2段階では、プラスの効果を生むため、女性により幅広い職能経験を積ませる必要がある。先行研究は、経営陣になるには、幅広い職能経験が有利であることを示している。専門職での採用や女性だけの職場を作ることで課長までは増やせても、役員までは進めない。職能横断的な異動や社内外の調整業務を女性幹部候補生に経験させることが必要だ。』 

このあと具体的な取り組みが続きますが、ここは省略して(記事原文をご覧ください。)
それから忘れてはいけないことが最後に書かれています。


『最後に、家庭内分業に変化を与えるためにも、男性の家事や育児への参画を促進する政策の追加が必要だ。すでに個人に対しては、「パパ・ママ育休プラス」など、十分な動機づけが与えられている。にもかかわらず、男性の育児休業取得率が約2%にとどまっている。企業側の支援を引き出すための、男性の育児休業取得の開示義務付けや、専業主婦になる誘因を過度に高める現税制の見直しなど検討課題は多い。』

家事や育児は、自分自身の心身を回復させ、次世代を担う人材を生み出すものですから、いい加減、女性だけで担うという考えは止めて家族全員、もっと広く社会全体で担うべきという考え方に変わって欲しいです。
まとめもいいです!


『こうした政策は、長期的にはプラスの効果が期待できる一方、短期的なコストは顕在化しやすく、既得権者の反発も強い。政治や産業界のビジョンとリーダーシップが重要な課題であることは間違いない。』

覚悟があって、実行力のあるリーダーが必要です。

« 「平常心があれば集中力は生まれる」順天堂大学教授 天野篤氏 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー9月号 | トップページ | 女性の再就職に関わる自分の仕事にまつわる話 »

【関心事】女性が「働く」、女性が「変える」話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/57074093

この記事へのトラックバック一覧です: 「女性支援に「早い選抜」を」大湾秀雄東京大学教授、2014.8.13日本経済新聞朝刊:

« 「平常心があれば集中力は生まれる」順天堂大学教授 天野篤氏 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー9月号 | トップページ | 女性の再就職に関わる自分の仕事にまつわる話 »