« 壁を越えたコラボの仕組みが欲しい | トップページ | 連休の終わり »

2014年10月11日 (土)

保育所整備

女性の活躍推進はいいんですけれど、女性の就職を支援する現場からは、まずは『保育所』をと言いたいです。

しばらく子育てに専念していて、いざ働くぞっと思って就職支援機関に相談に行くと・・「お子さん預けるところ決まってますか?」とまず聞かれる。

就職活動の方法を聞きたいのに、まずは家族のことから?

男性だったらそんなこと100%ないんじゃないかな~

ということで保育所整備の記事に目が行きます。

いつものように日経新聞で2つ記事を見つけました。

2014年10月10日金曜日、朝刊の記事

『郵便局に認可保育所 日本郵便、JPHDとまず埼玉 都心や駅前に開設

日本郵政グループの日本郵便は保育大手のJPホールディングス(HD)と組み、郵便局内に認可保育所を開設する。

第1弾として、さいたま中央郵便局(さいたま市)の一部を改装して来年4月に開業する。

日本郵便は集配や物流業務の再編に取り組んでおり、設備の移転で空いた敷地を生かす。今後もJPHDと保育所の開設を検討する。』

保育所を作るには、まとまった土地が必要。だからといって働く親が毎日、出社前に連れて行く場所だから、土地が取得しやすくても郊外では駄目。

企業の移転で空いた土地ができたらそこを使うっていいアイディアだと思います。


2014年10月11日土曜日、夕刊の記事 

『都立公園内に保育所 東京都が待機児童解消策  

東京都は都立公園に保育所を整備する方針だ。地価の高い都内では施設用地の確保が難しいため、公園を有効活用する。

今後10年の都政の指針として年内にまとめる「長期ビジョン」(仮称)に盛り込み、具体的な開発手法の検討に着手する。

保育所に入れない待機児童の解消に向けた新たな施策とする。』

東京都は待機児童問題が深刻ですから、ものすごく考えているんでしょうね。

公園は都会に必要なものだけれど、その一部を保育所に作ってもいいんじゃないかな。公園と保育所をどう共存させるのか、そのあたりも興味あります。

これは他の自治体も続いて欲しいなあ~

« 壁を越えたコラボの仕組みが欲しい | トップページ | 連休の終わり »

日々情報-自分用クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/57644275

この記事へのトラックバック一覧です: 保育所整備 :

« 壁を越えたコラボの仕組みが欲しい | トップページ | 連休の終わり »