« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月25日 (日)

『「働き方」の教科書』出口治明著

巷ではこのところワークライフバランスが大流行ですが、この本を読むとそれがまだまだな考え方だなあと思えます。

働くって何なのか、生きるって何なのか、みんな日頃から考えて、何なのかをつかめている人はそれほど多くないと思いますが、なんだそういうことかもしれないなと気持ちが楽になります。

「仕事は人生の3割」

「一年間を時間で表すと8760時間になります。日本人が実態に近い2000時間働いているとしても、8760時間のなかの23パーセント程度です。家に仕事を持ち帰る人もいますから、企業内での労働時間では判断できません。そうだとしても、どんなに多く見積もってもおそらく三割を超えることはないでしょう。」

「仕事と人生の関係を算数で考えると、日本人にとって仕事の時間が占める割合はたった三割であるというファクト(事実)が導き出されます。三割という数字は、要するに大したことはないということです。」

「しかし、世の中には「仕事は人生のすべてである」と考えている人がかなりの割合で存在しています。その人たちは仕事と人生の関係を国語(感情や理念)で考えているのです。算数で考えれば、人生の7割は食べて、寝て、遊んで、子どもを育てている時間です。3割と7割という数字は比較するまでもありません。
次の世代のために生きている人間にとって、仕事以外の7割が大事であることは自明すぎるほど自明なことなのです。」

「人間は動物である」

「人間は、動物として当たり前のことを忘れてしまっています。人間はどういう動物であり、ほかの動物とどこが一緒でどこが違うのかという基本できな前提をゼロベースで見直してみるのはとても大切なことだと思います。」

人間は動物である・・ここで語られていることを短く要約するのは、私の能力では難しいですが、人間は特別な存在ではなく動物に過ぎないということを忘れているんじゃないかということを常日頃感じていて、出口さんがここで語っていることはちょっと違うんですが、動物であることを忘れてはいけないと改めて思います。

「人間チョボチョボ論」

作家の小田実さんの言葉らしいですが、人間の能力にはたいした差がないということです。どんなに傑出した才能を持っていても、その差はあまり大きくない。意外と能力に変わりはないということを言っています。

それで違いが出るのは本人の気持ちの持ち方ということを語られていますが、それはそれとして、人間たいした違いがないと思っていれば、自分はすごい能力を持っているのに、活かされていないなんて思っていることが恥ずかしいし、そんな思い込みから解放されてすっきりするんじゃないでしょうか。

仕事は人生の3割で人間チョボチョボだから、仕事は適当にやっていればいいなんて話ではありません。

大企業で高い評価を得る働き方をしてきた人、人並み外れた読書家で本を通して過去の歴史を考えてきた人、60歳を過ぎて起業をしてその会社を上場させた人がこの本を書いた意味を考えつつ、読まないといけないかもしれません。

「仕事は人生の3割」「人間チョボチョボ論」「人間は動物」など・・頭も身体も仕事に絡めとられている人にこの本をお勧めできたらいいなと思っています。

自分自身もなんか突き抜けた感覚があります。

自分が常日頃考えていることとあまりにも似ていて(もちろん本に書かれていることは比較できないくらい高度ですが)、印象に残ったところが違うのかもしれませんが、「働き方の教科書」とあるように20代から年代ごとに分けて働き方について書かれた本です。
読む人の年代によって感じ方が違うだろうと思います。

2015年1月12日 (月)

佐賀県知事選

自民、公明推薦の候補が当選するかと思っていたお隣佐賀県の知事選挙で、元総務省官僚の山口氏が当選したことを朝の新聞で知って、そうなんだという感じで した。

佐賀は我がふるさと。保守が強い地域です。

自民、公明が推薦したことと知名度の高さで、樋渡候補が有利かなとおもっていたのですが。

山口氏がJAグループの組織票を固めたことと自民党内で党本部と県連の分裂があったことが、山口氏の勝利につながったと新聞が分析しています。

「4月の統一地方選を前に、地方のことは地方が決めるはずの「自治」や「中央との距離」をあらためて考えさせる選挙になった」(2015年1月12日西日本新聞) とありましたが、

ここで語られる“地方”は、県民全般のことのか、自民党県連やJAグループなどの業界団体なのか。

前者であれば、県民が自治体の住人として考えて投票した=地方のことを地方が決めたということになるけれど、

後者とすれば、まだまだ従来型の選挙が有効な地域であったにすぎないのではないかと。

日本経済新聞を見るとJAが支援した候補が勝利したところが大きく取り上げられていて、農協改革に影響するのではないかと書かれています。


選挙の勝敗が政策に影響する。

政治はやっぱり理念よりも票で動くものなんですね。

2015年1月 4日 (日)

「21世紀の資本」買いました!

「21世紀の資本」

“2014年最大の話題作”・・・結構本はチェックしているつもりなんですが、知りませんでした。


『クーリエ・ジャポン』2月号、特集「世界の人はこんな本を読んでいる。」で見つけて、買ってみました。


クーリエ・ジャポンの記事によると 「この分厚い経済書の英語版は発行部数50万部を突破。アジアでも飛ぶように売れ、32カ国語に翻訳された部数の累計は100万部を超えている。」らしいです。

著者ピケティは、膨大なデータを分析して、1980年代以降、飛躍的に格差が拡大したことを明らかにしているらしいです。

そして、労働から得る収入が、資本から得る収益に勝ることはあり得ないことを証明しているそうです。


そうすると持てる者と持たざる者の格差は拡大するばかりってことになります。

それで、本の中では現状を分析するだけでなく、その問題の解決策も主張されていて、それが若者に支持されているようです。


クーリエ・ジャポンの記事を借りると


「・・ピケティの言葉と提案する解決策を理解することで、行き詰ったこの世界から抜け出したがっているようだった。ピケティの理論は、若者が抱える不安に呼応したので支持されたのだろう。」

マルクスの「資本論」と並べて評価しているものもあるようですが、700ページを超える本で、経済の専門書ですので、買ってはみたものの読めないままになるかなと思っております。

巷でも挫折する人が多いようですが、それでも見るからに大作のこの本がベストセラーになるということは、“格差”について問題意識を持っている方がたくさんいるっていうことですね。


この本がベストセラーになる現象と年末年始に少しだけ集中して読書をして感じたのは、 研究者が書いた本・・一般向けに書かれたものではありますがそれでもちょっと難しい本を読んで理解するだけのリテラシーを磨くべきこと、そして、そんな本を定期的に読むべきこと。


自分の関心がある分野だけでなく、関係のなさそうな分野にも関心を広げると意外なヒントが得られる可能性があること。


簡単にいうと、リーダーでも経営者でも研究者でもない普通の人であっても、アンテナを張って、情報を集めて・・特に本を読んでおく必要があるんじゃないか。

絶えず勉強しておかないと世の流れについていけないんじゃないか。


仕事をする際に必要な最低限の知識レベルが上がっているんじゃないか・・と感じます。


ぼ~っとしている私は、まずい状況になっているんじゃないかなあ~

2015年1月 1日 (木)

2015年元旦、今年初めての備忘記録

あけましておめでとうございます。

2015年が始まりました。福岡市東区は朝方薄らと雪が積もっていました。

さて、1月1日の楽しみは新聞です。

日経新聞は本紙、ICT等の科学特集、文化特集、住宅広告特集と例年通りの紙面構成でしたが、いつもの年に比べ華やかさがないような・・・

朝早起きしたので先に電子版で紙面を読んだためかもしれませんが、これから始まる2015年の毎日がワクワクするという内容ではなく、今ある危機にどう立ち向かうか的な若干後ろ向きな内容・・・に感じたのは私だけでしょうか?


さて、今年の抱負と言うほどのものではありませんが、今年私が心掛けることは、

昨年から言い続けているように「考える」と新たに思うことは「常識を疑う」

当たり前と思っていることをそうかなと考えると一連で見ると2つは繋がっているかもしれません。

とにかく今年一年、というよりこれからずっと

周りにあふれる情報をそのまま鵜呑みにせずに、自分の頭で一度考えてみる。
それから、絶対できない、それは以前からやっていることだから、などという枕詞を所与のものとせず、本当にできないのか?

以前からやっていることがこれからも通用するの? 等と思いつつ、常識にとらわれずに発想し、行動していこうと思っています。

一度限りの人生。

せっかく持って生まれた身体と心、周りを見つつ、他人様の意見を聞きつつ、それでも自分オリジナルを作っていきます。

それでは、本年もどうぞよろしくお願いします。


それから・・・昨年後半からネットの中の投稿に、関心を持てなくなってきています。
自分がそうだからというわけではありませんが、
ネットを通じて不特定多数にお知らせしても、それが本当に必要な情報だと受け取ってくれる人が、減ってきているのではないかと感じます。

そう感じているので、今年のブログは将来の自分に残すメモ的な性格が強くなるんじゃないかと思います。

ネットに対する自分の感覚は、昨年の1月1日には感じていなかったものです。

今年の年末になった時、今感じていることをどのように感じているか?

これまた、自分の例に過ぎないですが、ものすごく変化の激しい社会の中で、個人の感覚もものすごく変化しているように思います。

続きを読む "2015年元旦、今年初めての備忘記録" »

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »