« 何もせずとも時は流れる | トップページ | 新年度に当たって自分の役割を考える・・・とがった人材が去って »

2015年3月29日 (日)

賢人の警鐘 ライフネット生命保険CEO 出口治明氏 日経ビジネス2015.03.23

『大局観を持つためには悩み事と距離を置き諫言する部下を登用せよ』

先週号になってしまいましたが、3月23日号の日経ビジネスの連載記事「賢人の警鐘」は、ライフネット生命保険CEOの出口治明さんでした。

経営者に必要な『大局観』がどうしたら持てるかということについて書かれていましたが、参考になります。

まず、『大局観とは、物事を遠くから、長期的に見る視点を持つことである。』と規定された上で、

『物理的』(『空間的』)、『時間的に』距離を置くことと整理されています。

『物理的に距離を置く』方法として、世界各国の城跡などに高台がそびえていて、そこから支配者が街の様子を見ていた例を挙げて、『大局観は、少し現場から離れ、一呼吸おいて見ることで得られる』とされます。
『空間については、例えば人の意見を聞いてみることからでも始められる。』

『全く違う業種の人にどう見えるかを聞いてみたりすると、新たな「空間」の視点が生まれる。』とも書かれます。

それから、『時間的にも距離を置いて眺めることで全体像がよく分かり、大局観を得られると思う。』と言われます。
『時間的距離を置く一番いい方法は歴史の勉強に尽きると思う。「縦横思考」と私は言っているが、縦が時間軸、歴史軸で、横が空間軸、世界軸だ。「昔、歴史上起こったことで、参考になることはないだろうか」などと探してみるのがいい。』

『将来に何が起こるかわからない時に、過去の事例が体系的に頭に入っていることにより、ある普遍性を持って予見する力を授かることがある。』

人間が考えることはたかが知れているから、過去に同じようなことをやっているだろうし、それなら、そこから学ばない手はないってことだろうと思います。

『経営やビジネスに携わる者こそ、日々、歴史と世界、昔に起こったことと世界の人が今やっていることを勉強し続けることがとても大切だ。「勉強に終わりはない」と私は実感している。ただ勉強をしても、自分の思いは感情過多になりがちだし、人間はどうしても自分にとって都合のよい解釈をしてしまいがちな動物だ。
今悩んでいることについて空間的距離を置いて考えるためには、唐の太宗が魏徴を登用して諫言させたように、自分のことをボロクソに言う部下をそばに置くのが一番いい。』

そうした中で少しずつ大局観が得られるというのが、この稿の結論ですが、そもそも大局観を持たなければと思っているような人が自分の周りには、少ないように感じます。

まあ、自分は大局観が大事だと思っているなんて人前、特に部下の前では言わないでしょうが、目の前の課題に汲々としていて、それをこなしさえすればいいと勘違いしていて、そんなことしたら、将来に禍根を残すぞとハラハラすることばかりです。

それなら自分が魏徴になれるかというと、賢く大人しくしている人たちの中でやたら目立ってしまい、もういいやと思ってしまいます。
我慢できずにご進言申し上げると・・・もちろん太宗のように考える上司はほぼいないから、煙たがられてなるべく自分の見えないところに追いやられる事態になります。

今、自分の身の周り、我が組織、そして大きく日本、「大局観」こそ一番必要だって思うんですが・・・

ところで、皆さんが他人のすることに関心がなくなり、まずいことがあってもそれを本人に伝えるような危ないことはしたくないと思うようになって、自分の問題点が見えないので、自分としては自分のおかしいところをおかしいと言ってくれる人が欲しいなと思います。
誰も言ってくれないから、もし、おかしいって言う人がいて、いざそうなったら、それに耐えきれないかもって怖くもあるんですが・・・

« 何もせずとも時は流れる | トップページ | 新年度に当たって自分の役割を考える・・・とがった人材が去って »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/59445049

この記事へのトラックバック一覧です: 賢人の警鐘 ライフネット生命保険CEO 出口治明氏 日経ビジネス2015.03.23:

« 何もせずとも時は流れる | トップページ | 新年度に当たって自分の役割を考える・・・とがった人材が去って »