« 女性の管理職が増えている | トップページ | 「中高年の転職増える」日本経済新聞2015年4月21日朝刊 »

2015年4月19日 (日)

「大学のお客は社会で、学生は商品。地方大学は特定の分野で個性の発揮を」2015.4.6日経ビジネス 賢人の警鐘

もう何号か前になってしまいましたが、4月6日号日経ビジネスの連載「賢人の警鐘」でコマツ相談役の坂根正弘氏が大学について取り上げておられた記事が、印象に残りましたのでメモを残します。

日経ビジネスの「賢人の警鐘」は坂根氏のほか、丹羽宇一郎氏、永守重信氏、ビル・エモット氏、古森重隆氏、堀場雅夫氏、塚越寛氏が連載を担当されており、日経ビジネスの裏表紙を開けたところにあることもあって、まずここを読みます。毎週この連載記事を楽しみにしています。

さて、坂根氏の記事の戻って、

まず、毎年繰り返される新卒採用の風景から、日本の抱える問題を指摘されます。
東京への一極集中は、中央集権的な行政システムだけでなく、企業にも責任があるのではないかとされます。

(東京への一極集中が進んだのは)「多くの大企業が本社を東京に置き、そこで一括採用した人材を地方の拠点に振り分けることを長年にわたって続けてきたからだ。」と仰います。

「地方の学生にとっては就職が不利になるため、若者は東京に集まろうとする。結果として、地縁が薄い社会となってしまい、晩婚化や少子化を促進してしまった。」

「だからこそ、大企業はこれまで以上に地方での採用を増やすべきだ。それが東京一極集中の是正と地方創生にもつながる。」

もう30年くらい前のことになりますが、自分が大学を選ぶ際も、企業の採用のことを考えれば、東京の大学に行くべきと考えていました。

それから状況が変わることはなく、大学選びの際には皆さん同じことを考えてきたと思いますから、坂根さんの仰る通りだと思います。

これから大学そのものの話に移ります。

「ただ、実際に地方での採用を増やそうとすると、カベに突き当たる。大学教育の「質」の問題だ。地方の場合、特に国公立大学が「ミニ東大化」する傾向にあり、地域の社会や企業のニーズとずれている。「総合化」の名の下に平均的な人材しか輩出できなければ、企業が地方で採用する意義は薄れる。」

「地方の大学は、自らの存在意義を根本的に見直す必要があるのではないか。」

学生の側から見ても・・・

優秀な高校生がいたとして、日本で最高の教育を受けるなら、やはり東京大学だよねって思いますよね。
地元の役に立ちたいから地元に残って勉強したいと思った時に、東京大学を真似た大学しかなければ、やはり東京大学に行きたいってなります。

地方で、これを学ぶならそこしかないって大学があれば、その分野に関心がなくてもここで学べば自分の強みになるんじゃないかと思うし、その分野に関心ある人なら他の地域からでもその大学に行こうって来てくれる。

総合的に先を行く東京大学を追っかけても人も金も足りなくて中途半端なものになるなら、どっかに特化して行った方がいいだろうなって思います。

そうして限られたお金と人材を活かして特化するとすれば、その地域ならではの強みを生かしたものになるだろうと思います。

それはさておき、大学が自らの存在意義を見直すために大学が何をすべきと坂根さんは思っていらっしゃるか。

企業と同じようにお客様のことを考える必要があるとされます。
そして・・お客様は大学に入学してくる学生ではなく、『社会』だとされます。

「では、大学にとってのお客は誰か。少子化が進み、学生の確保が以前よりも難しくなる中、学生をお客さん扱いするのも分からなくはない。だがそれは誤りだ。言葉は悪いかもしれないが、大学にとってのお客は社会であり、学生は商品である。あらゆるお客をターゲットにするよりも、特定の分野に秀でた人材を育てる方が理にかなっていることが分かるはずだ。」

結びは

「地方創生も大学改革も一足飛びに成果は得られない。まずは地方ごとに産学連携を活発化し、企業がどのような人材を必要としているのかを知る必要があるだろう。」となっています。

ここは、『一足飛びに成果は得られない』というところが重いなと思います。

地方創生を必要としているそもそもの問題、少子高齢化であったり、日本の財政の問題であったりが危機的な状況にあって、みんな焦って即効性のあるものを求めているような気がしますけれど、そんなものないんですよね、だったら、どんな問題も地道にやるしかない。やるしかないから何が大切かを早めに見極め、とにかくコツコツ続けるってことが大事だなあと。

大学の運営とは遠い世界にいますから、この記事を直接活かせるわけではなりませんが、

この記事を読んで、『お客様』を最優先にして、そもそも誰がお客様なのか、そのお客様に満足していただくために何をすべきなのか、そういう視点で考え行動しないといけないなと思っています。

« 女性の管理職が増えている | トップページ | 「中高年の転職増える」日本経済新聞2015年4月21日朝刊 »

日々情報-自分用クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/59696011

この記事へのトラックバック一覧です: 「大学のお客は社会で、学生は商品。地方大学は特定の分野で個性の発揮を」2015.4.6日経ビジネス 賢人の警鐘:

« 女性の管理職が増えている | トップページ | 「中高年の転職増える」日本経済新聞2015年4月21日朝刊 »