« 「中高年の転職増える」日本経済新聞2015年4月21日朝刊 | トップページ | 「使い道は自分磨き  「さとり世代」の金銭感覚」2015.5.3日経新聞朝刊 コンシューマーX(1) »

2015年4月29日 (水)

一人称で語られることの鬱陶しさ

思い当たる人が読んだらまずいかなと思いながら書いています。

まあその方々がこのブログを読む確率は5%以下、ほぼ目に触れることはないと想定して書いてみます。

読まれた時は・・・仕方ない!

このところまいっているのが、一人称で話をされる方が多いこと。
自分もそうなっているかもしれませんが、気を付けているつもりではいます。

もちろん誰かに話をする際、「私は・・・」とか「私たちは」・・・と話を始めますから、単純に一人称を使うという話ではなく、

自分のことばかりを語る、自分のことしか見えない人ばかりが自分の周りにいるようで、がっかりしています。

ある方は、話を始めると自分が何をしているか、何をやってきたかを延々と語られて、自分が“つまらない”表情になっていないかヒヤヒヤします。

そういう方はだいたい自分のことしか考えていないので、私の表情は見逃してもらえますが、よくもまあ、そんなに自分のことばかり話せるなあと感心します。

組織の中で仕事をしていて、自分視点からばかり話をされるとこの方から組織はどう見えているんだろうと逆に興味がわきます。

そもそも組織という概念がないんじゃないかと疑ったりします。

それから、自分の業務量の話ばかりをされる方もちょっとがっかりしてしまいます。

忙し過ぎて、パフォーマンスが落ちるのはまずいし、一人ひとりの業務量を上司がすべて把握できませんから、

「この仕事を私に振られても困ります」と言っていただくのは必要ですが、単に自分のことを考えるだけでなく、周りの状況も見て欲しいなと思います。

周りの状況を見過ぎる人は、結局言い出せなくて過重労働になってしまうので、限度の問題もあります。
そこを見極めて発言するのが難しいから取りあえず困っていると言っておこうという方もいるかもしれません。

しかし、特に外向きの仕事、例えばお客様の対応だったりすると、あなたは自分ができないと言っているだけだと思っているでしょうが、それじゃこれを誰がすればいいんですか?

誰もが業務を抱えている中で、自分ができないっていうことは、あなたの仕事を誰かにやれってと言っていることではないですか? その誰かはどうなってもいいんですか?

とついイラッとしてしまいます。

最初に書いた一人称、無意味な一人語りがまったく無駄に感じるのに対し、この場合は自分はできないって言うだけじゃなく、代替案を提案してくれたらいいのかなと思います。

そうじゃなきゃ、いい大人が、「私できな~い」って甘えているようで、嫌ですね。

こうして書いていると一人称で語る人たちは、組織の全体像を見ていないなと気がつきます。

仕事中に自分の話を披露し続けることが組織がやるべきことに意味があるのか、役立つのか?

自分の業務量の多さを主張する際に、組織がやるべき業務全体の中で自分の役割をきちんと理解しているか?

組織の中では自分を客観視できないといけないなと思います。

それから、自分は他人様のことをとやかく言いがち(今日の内容もそうですが)で、それが自分の周りで私だけなので、私は悪口が好きなのかと自己嫌悪に陥っていましたが、

誰かの困った行動や考え方が他の業務の支障になって組織全体に悪い影響が出ると思っているので、つい口に出してしまっているんだなと判りました。

普通は口に出すと差し障りが多いので皆さん我慢をされていますので、私の言動は褒められたことではないことは十分わかっています。
みんな完ぺきではないので他の方の問題点に気がついたときは、おかしいと言ってみて議論をして、いい方向に持っていくのが本当だと思っているのですが、そうできる職場って少ないような気がします。

ガチで議論をする習慣がなければ、組織をうまく運営するためには、別の方法を使わなければいけないってことですね。

それはさておき、我が組織で他人様の話をするのが私だけだっていうのは、私だけが問題児というわけではなく、私の周りが一人称発想の人ばかりということもあるんじゃないかと。

自分さえよければは言い過ぎかもしれませんが・・そして、これは、私の思い違いであって欲しいですが・・・

組織あるいは業務全体を見て、自分のやるべきことを考える。自分を客観化できる。 自分自身だけでなく、一緒に仕事をする皆さんにそうなってもらうためにはどうすればいいか? 

地道に組織の目指すべきところ、役割などを語っているしかないのかな? 

語っていれば、そのうち気がついてくれる人が出てくる・・・かな?

そもそも、なぜ自分のことしか考えないようになるのか? そこからもう少し考えてみないといけないですかね。

« 「中高年の転職増える」日本経済新聞2015年4月21日朝刊 | トップページ | 「使い道は自分磨き  「さとり世代」の金銭感覚」2015.5.3日経新聞朝刊 コンシューマーX(1) »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/59816923

この記事へのトラックバック一覧です: 一人称で語られることの鬱陶しさ:

« 「中高年の転職増える」日本経済新聞2015年4月21日朝刊 | トップページ | 「使い道は自分磨き  「さとり世代」の金銭感覚」2015.5.3日経新聞朝刊 コンシューマーX(1) »