« 「超プラス思考で、モチベーションを高めてまちづくりを実現!」月刊ガバナンス5月号 木村俊昭氏 | トップページ | 仕事って何だろう »

2015年6月26日 (金)

「高齢化、地方移住という処方箋」2015.6.25日本経済新聞朝刊

東京圏の高齢者の介護施設が将来的に不足することが予想されるので、高齢者の地方移住を と日本創成会議が提言したことに違和感を感じていました。

地方の自治体にはこの提言を歓迎するところもあるという報道もあって、さらに違和感。

6月25日の日経新聞にニュース複眼として日本創成会議座長の増田寛也氏と慶応義塾大学教授の片山善博氏の大論が載っていたので、ゆっくり読んでみました。

増田氏は岩手県知事、片山氏は鳥取県知事、どちらも地方の知事を務めた方ですが、その二人の意見がかなりちがっているのが面白いです。

増田氏は、提言を出した日本創成会議の議長ですから、当然提言の推進派。
記事の見出しにあるように「東京圏の厳しい将来像を冷静に見て、セカンドライフを考えてもらいたい」と仰っています。

それに対し、片山氏はこれも同じく記事には「地域の介護は地域でするのが自治でしょ。できないから出て行け、では「棄民」だ 」と。

地方にいる者からすると片山氏の意見がすんなり受け入れられて、増田氏の意見は、国の有識者会議にいると立場上こうなるのかなと感じます。

増田氏の記事のまとめにある「地方でも、移住した元気な高齢者のノウハウを生かせれば、地域が活性化する。高齢者がいつまでも活躍できる社会を目指したい。」。これには、はあ?と思います。


提言は高齢者が元気なうちに移住と言ってはいますが、介護不足を問題視している議論である限り、あくまで介護の問題。


それを都会にいる人はノウハウがあるから、元気なうちは地域活性化に活かせるではないですかと言われても、地方からすれば介護が必要な高齢者を受け入れてもらうけど、介護が必要になるまでは十分使える人たちですよ(だから受入れなさいよ)と言われているみたいです。

移住する高齢者にしても移住するなら元気なうちは地域貢献せよってことかな?それは、移住する人たちは東京圏の介護不足のために、自分の第二の人生、地方への貢献を決められちゃっているみたいですね。

そもそも東京圏の人がノウハウを持っているって何よ!って思います。


優秀な人は東京に集まっていて、その人たちがいないんで地方の活性化ができないんだ・・・ですか? 

地方の活性化は人材がいればできるという簡単なものじゃないと思います。

地方にもそれなりに人材はいるけれどできていない。


確かに中央には優秀な人たちが集まっているけれど、そこで使える能力と地方活性化で活かせる能力って違うんじゃないかな。

優秀だと思っている人が地方に来て、地域のこともわからないままいろいろやってみてかえって混乱するかもしれないし、いままで優秀だったからといって高齢になって気力が落ちた人が、介護不足で仕方なく移住してきた地方で地域活性化で活躍できるなんて思えない。

地方移住って、その地方に惚れ込んで移ってくるもんじゃないとうまくいかないものなのに、東京圏のご都合で地方に追いやられても・・・って個人から見ればわかることなのに、行政的な都合からしか語っていない。

そういう点からみると片山氏も「地域の介護は地域でするのが自治でしょ」っていう視点からの反論だから、この対論は行政の問題としての議論ではありますが。
いずれにしろ、この提言、お国のシステムをうまく回すために個人は自分の気持ちよりも国の現状を見て考えよと言われているみたいで、

「お国のため」と言う言葉が浮かんできます。

高齢者の地方移住については、提言が出たすぐに若者に人気があるブロガーさんが、よくぞ言った、消滅が危惧されている地方はこれをチャンスにできるみたいなことを書いていらっしゃったけれど、仕方なく移住してくる人が増えてもねと思うし、

日頃は個人は自分のために国を超えて行動せよなんて書いてらっしゃるのにな・・

なんて思ったりもしました。

ついでながら、このブロガーさん、基本好きなブロガーさんですが、専門外の分野ではちょっと違っているなと思ってがっかりすることが多いので、専門外の分野ではあまり発言して欲しくないかな。


特に地方の問題とか、“公”の問題とかは・・・。

がっかりが大きかったんで余計なことまで書いてしまいました。

« 「超プラス思考で、モチベーションを高めてまちづくりを実現!」月刊ガバナンス5月号 木村俊昭氏 | トップページ | 仕事って何だろう »

日々情報-自分用クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/60523991

この記事へのトラックバック一覧です: 「高齢化、地方移住という処方箋」2015.6.25日本経済新聞朝刊:

« 「超プラス思考で、モチベーションを高めてまちづくりを実現!」月刊ガバナンス5月号 木村俊昭氏 | トップページ | 仕事って何だろう »