« 「「他人に迷惑」墓石残さず」 2015.6.7 日経新聞 日曜に考える | トップページ | 人たらし »

2015年6月13日 (土)

自分で仕事を見つけること

自分の中で時間が飛ぶように流れています。

2015年ももう半分が終わろうとしていますし、6月も既に中盤です。

いついつまでにこれを実現したいとか、何をするんだという発想で先の目標ばかりを見て、(あまりに時間が早く過ぎるので)「これじゃ間に合わない」と思うより、もっと足元を見て、目標を達成するために毎日何をしないといけないか、毎日のノルマを決めて、それを地道にやって行くようにした方がストレスが減るなと思っています。

さて、お仕事の話です。

最近難しいなと思うことは、「仕事の守備範囲を知ること」。

製造業のラインで働いていれば、やるべき仕事は明確なんですが、事務職、自分の仕事で言えば“求職者の方に仕事についてもらうための支援をする”ということが求められる中で、相談にのって、求人を紹介して、スキルを上げるために訓練を受けてもらったり、モチベーション維持のためのセミナーを企画したりとメニューは決まっているのですが、

じゃ具体的に何をするかとなると

例えば、求職者の方が今どういう状態でいるのかを把握することを取り上げると

担当者によって、「自主的に動かないと就職はできないから、ちゃんと動いている人だけをご支援すればいい。連絡を取ってくる人だけをしっかりフォローすればいい」と考える人もいれば、

「仕事を探す気はあっても、なかなか自分一人では何していいかわからないと思う人も多いから、定期的にこちらから連絡を取るべし」と考える人もいる。

同じ組織の中でそれぞれが自分の考えで仕事をしてしまうと利用者は同じ組織を利用しながら、たまたま当たった担当者によって結果が違ってきてしまいます。

それじゃいけないから、そこを束ねるものとしては、我々はどこを目指すべきなのかを明確にして、各担当者に仕事のやり方を考えてもらわないといけない。

「それぞれが目的達成のために何をすべきか」を考えてもらわないといけない。

社会状況や利用者の変化に応じて、やるべきことも変わってくるから常に考えて、仕事をしていかなければならない。

それなのに、いままでこうして来たからとか、自分のスタイルはこうだからと、考えようとしない人がいると・・・

日々やるべき仕事を常にこれでいいのかと考えること=自分のやるべき仕事を見つけること。

上司であれば、部下に対し、常に自分のやるべきことは何なのかを考えるくせをつけさせること。

それが大事なんじゃないかと思いつつ、それができずにいます。

« 「「他人に迷惑」墓石残さず」 2015.6.7 日経新聞 日曜に考える | トップページ | 人たらし »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/60368055

この記事へのトラックバック一覧です: 自分で仕事を見つけること:

« 「「他人に迷惑」墓石残さず」 2015.6.7 日経新聞 日曜に考える | トップページ | 人たらし »