« 九州オルレ~地域が輝くヒント | トップページ | 「訪日客爆買い頼みの限界。・・・」日経ビジネス2015.08.03号 賢人の警鐘 »

2015年7月20日 (月)

力を合わせて一緒に・・が苦手なのでは?

ベストセラーになっているデービット・アトキンソン氏の「新・観光立国論」を読みました。

日本は観光で稼げるものを持っているのに稼げていない。おもてなしなんていいながら、外国からのお客様の視点に立ったサービスができていない。

というのが、私流のこの本の要約ですが、示唆に富んだ本でいろんなことを考えさせられました。

観光で稼ぐというなら、今あるものの見せ方を工夫してお客を増やすなんてことではなくて、お客様の好みに合わせて環境を整備しなければならない。

「稼ぐ」って言葉を使うことの厳しさを感じました。

ところで観光という本筋から少し離れてしまいますが、外国人に受け入れられない原因の一つに言葉の問題がある・・外国語の表示が少ない、通訳が少ないということを考えた時に、日本人が外国語を覚えることも大事だけれど、留学生として来ている人たちをもっと活かしたらいいんじゃないかと考えていて、ふと・・

日本人って割と自前でやってしまうよね。もっと言うと自分でやろうとするよねって思いました。

自分が能力を身につけて人とは違うことをする。

それぞれ異なる能力を持った人が集まって何かをするんではなくて、まず自分が思いついて、自分で(自分の魅力で、あるいは自分が説得して)人を集めるって発想の方が強くないか?

どうしてそんな発想になるかというと・・小さい時から、自分が能力を身につけて何かをするってことばかり考えさせられているんじゃないか。

自分がいい成績を取っていい学校に入って、いい会社に入るかどうかは別にして、いい仕事をする。

最近はどうかしらないけれど、自分の頃の学校教育では、何にしても個人が中心で、グループで何かをするっていうのが少なかったんじゃないか?

グループで目的を達成するために、それぞれがグループの中で自分の役割を見つけて、他と協力する。メンバーを見て、リーダーが誰なのか、自分がどこを担うのか。みんなで協力できるように何をして、何をしないか・・・。

個人が必要な能力を身につけることは大事で、そのために個々が努力しないといけないけれど、でもどんなに優秀でも一人でできることは限られているので、周囲といかに協力していくか。

自分が気に入ったメンバーだけが集まればいいけれど、そうじゃない場合もある。そんなときに自分が苦手なメンバーといかにうまく付き合っていくか、目的を達成するためにどう活かしていくか。

自分の周りの人で、そういうことが上手い人があまりいないような気がします。それってやはり教育?訓練?されていないんじゃないか。

日本に観光客を呼び込むためには、外国語での紹介が必要。そのために多くの日本人が外国語を勉強する。
それも大事だけれど、留学している外国人も巻き込む、一緒に日本の観光を考えていく。
言葉は母国語として使う人が一番うまい。だから一番うまい人にやってもらう。それ相応の報酬を払って一緒に仕事をする。

自分がすべて考えて作っていくんではなくて、できる人が集まって作り上げていく。

日本人ってそれが苦手なんじゃないかな・・・なんて考えましたが、この考えどうですか?

« 九州オルレ~地域が輝くヒント | トップページ | 「訪日客爆買い頼みの限界。・・・」日経ビジネス2015.08.03号 賢人の警鐘 »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/60821705

この記事へのトラックバック一覧です: 力を合わせて一緒に・・が苦手なのでは?:

« 九州オルレ~地域が輝くヒント | トップページ | 「訪日客爆買い頼みの限界。・・・」日経ビジネス2015.08.03号 賢人の警鐘 »