« 「ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争」 D・ハルバースタム著 | トップページ | 「現役管理職を地方企業に ~地域金融が仲介、希望者募り派遣」2015.9.26(土)日本経済新聞朝刊一面 »

2015年9月23日 (水)

「男性の育休促進へ助成金」 2015.9.23(水)日本経済新聞朝刊

今日の一面トップ記事、「男性の育休促進へ助成金」です。

「子育て・仕事両立支援」 「女性に託児付き職業訓練」 という見出しもあります。

厚生労働省の新しい施策を紹介した記事です。

助成金は企業に支払われるもので、“すごい”と思ったのも束の間・・・

「育児休業の制度を使う男性は少なく、配偶者が出産した男性全体の2.3%にとどまる。そこで新制度では助成金で企業の背中を押す。

1人目の従業員が育休をとれば30万円、2~5人目は15万円を企業に支払う。6人 目以降は助成しない。  

対象は過去3年間に男性の育休取得者がいない企業。男性従業員が配偶者の出産から8週間以内に5日以上の育休をとれば助成金を出す。

主に中堅・中小企業に男性従業員の育休を根付かせる呼び水となりそうだ。  

育休取得者の業務を引き継ぐマニュアルづくりなど、育休をとりやすい体制を整えた企業に別途30万円の助成金を支払う制度も設ける。」

だそうです。

最初の段落の「1人目」・・・は一人の社員の子どもの数かと勘違いしてしまいました。

1人目の意味は、なんと企業で最初に育児休業を取る男性のこと。

よく読むと「対象は過去3年間に男性の育休取得者がいない企業。」とあります。

そして、助成金の対象となる育休は、「配偶者の出産から8週間以内に5日以上の育休」

それから助成金の額が・・1人目30万円、2~5人目15万円、6人目以降は助成なし。

従って1企業が最大もらえるのは、90万円。

そのほかに「育休を取りやすい体制を整えた企業」向けに別途30万円があるので、そちらも取り組んだとして120万円。

記事中、 「主に中堅・中小企業に男性従業員の育休を根付かせる呼び水となりそうだ。」とあって、

本当にそう思う?ってがっかりするし、

「厚労省は「男性に特化して育休取得を助成金で支援する制度は初めて」(幹部)と話す。」

なんてことも書いてあって、厚生労働省の認識もその程度なのかなとこれまたがっかり。

「出産後も女性が働き続けるには配偶者の協力が不可欠という判断が背後にある。」っていうのもどうなのよ。

“配偶者の協力”? 子育ては配偶者も当事者でしょ、“協力”とは何事!!

社会は男女で成り立っていて(生まれながらの性別かどうかは置いといて)、男女がいないと成り立たないとすれば、子育てだって男女双方が関わるべきと思うのですが、たかだか5日間の育休を取ることができたとし て、企業に対しご褒美みたいに助成金?・・

どうなのよって思います。

そもそも何社ぐらいが対象になると思っているのか? 

仮に5人まで対象になる企業が1,000社出てきて、90万円×1,000社=9億円

1,000社なんてもんじゃないとすると総額は? 

どうせ、総額から逆算してきているから、1社当たりが90万円になってしまって、うす~くバラマキ。
5人まで取ったらもらえて、それで終わりだから、企業の制度もそれで終わり。

なんてことない?

それよりも、「育休を取りやすい体制を整えた企業」に対する助成だけにして、1社辺り、どんと300万円くらい助成したらどうよ。

いずれにしてもこの助成金が成り立つくらい、男性の育児休業取得が少ないのが現実だということだし、こんな助成金を大々的に発表するできる国の認識ってどうなのよって思うし、情けなくなっちゃいますね。

それから、託児付き職業訓練だって・・・

託児付きの職業訓練は既に国や自治体で実施されていて、子育て中の女性に好評です。

しかし、職業訓練は直後に実際に就業に結びついてこそ、意味があります。

訓練中は子どもを預かってもらえるとして、いざ働こうとしたときは?

なかなか保育園が見つからないのが実態。 訓練後の託児を仲介するくらいなければ、しばらくブランクのある女性が働き始めるのは難しい。

記事ではいずれ働くためにスキルを身につけるみたいに読めるけれど、たかだか3カ月から6カ月学校に通ったからといって、それがどれだけ身についているか?

すぐに使うんだったら意味があるだろうけれど、せっかく学校に通ってもしばらくしたら忘れてしまうんじゃ?

資格が取れる? 
資格があったとしても子の病気や学校行事で休みそうというイメージを子育て中の女性に持っている企業が、資格があるというだけで実務経験がないのにすんなり採用するとは考えにくい。

いずれは働きたいと思いつつ、仕事を離れる期間が長くなることに焦りを感じている女性の心の支えとして、訓練が役に立って、ブランクが長くても恐れず一歩を踏み出す助けにはなるだろうけれど、

しばらく仕事から 離れて、子どもの生活時間に合わせて生活をしていた方が訓練で仕事時間を思い出すっていうのにも役に立つから、

訓練は意味があるけれど、

厚生労働省の施策として実施するなら、やはり仕事まで一貫しなけりゃ駄目 なんじゃないかな。
保育園は厚生労働省の管轄だし・・・ 

今日の日経新聞トップ記事、がっかり感いっぱいでした。



« 「ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争」 D・ハルバースタム著 | トップページ | 「現役管理職を地方企業に ~地域金融が仲介、希望者募り派遣」2015.9.26(土)日本経済新聞朝刊一面 »

日々情報-自分用クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/61732968

この記事へのトラックバック一覧です: 「男性の育休促進へ助成金」 2015.9.23(水)日本経済新聞朝刊:

« 「ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争」 D・ハルバースタム著 | トップページ | 「現役管理職を地方企業に ~地域金融が仲介、希望者募り派遣」2015.9.26(土)日本経済新聞朝刊一面 »