« 「男性の育休促進へ助成金」 2015.9.23(水)日本経済新聞朝刊 | トップページ | 仲代達矢氏~日経ビジネス2015.09.21 編集長インタビュー »

2015年9月26日 (土)

「現役管理職を地方企業に ~地域金融が仲介、希望者募り派遣」2015.9.26(土)日本経済新聞朝刊一面

本社勤務(東京かな?)の現役管理職を地方の企業に派遣する取り組みが、日経新聞に載っていました。

『パソナグループやパナソニックなど大手企業76社は10月から、現役管理職や実務経験豊かなOBを地方企業に派遣するサービスを始める。地域金融機関を通じ 、ミドル層が不足している地方の会社と、介護などの理由で地方での勤務を希望する大手企業の従業員をマッチングさせる。優秀な人材の活躍の場を増やすとと もに、地方企業の活性化につなげる考えだ。』

大手企業というと官僚的な組織ではないか、そこで管理職になった方々が、いきなり課題満載の地方企業に行って通用するのか・・・なんて、

テレビドラマでよく ある優秀だと自負している本社社員が地方に行って何もできずに厄介者扱いになっているシーンが浮かんだりするんですが・・・

それはあくまでテレビの話なので。

記事の中にあるように介護などの理由で戻るとすると地元から出て行った方がUターンする形になるだろうから、人材が戻るという点で地元に貢献するだろうし 、長年東京に住んでいた方が地元の良さを見直す機会になるかもしれないなあと思います。

また、長年地元だけでやってきた組織に違う経験を持っている方が入ることで、新しい変化が起こることもあるかもしれません。

面白い取り組みですよね。

『パソナグループの子会社、日本雇用創出機構(東京・千代田)が管理職らを紹介する。

同社にはパナソニックのほかソフトバンク、クボタ、日本電産など8月 時点で71社が出資しており、賛助会員5社を含めた各企業が地方勤務を希望する自社の従業員やOBを候補者として登録する。』

このままだと記事全部を引用してしまいそうなので・・・

後は金融機関が仲介して地元企業に人材を送り込むことになるようですが、まず加わる金融機関3行の中にふくおかフィナンシャルグループ(FG)が入ってい まして、この取り組み、福岡でも行われるってことなんだなあと。
そのうち、東京から一時的にこの企業に来ています、って方にお会いするかも。

現役の方は出向という形を取るそうで、戻る選択肢も準備されていて、戻れると思ったら手を挙げる人もハードルが低くなっていいんじゃないでしょうか。

« 「男性の育休促進へ助成金」 2015.9.23(水)日本経済新聞朝刊 | トップページ | 仲代達矢氏~日経ビジネス2015.09.21 編集長インタビュー »

日々情報-自分用クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/61776404

この記事へのトラックバック一覧です: 「現役管理職を地方企業に ~地域金融が仲介、希望者募り派遣」2015.9.26(土)日本経済新聞朝刊一面:

« 「男性の育休促進へ助成金」 2015.9.23(水)日本経済新聞朝刊 | トップページ | 仲代達矢氏~日経ビジネス2015.09.21 編集長インタビュー »